どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

丹沢山

神奈川県の大倉に朝5時半に到着した。
e0284726_6114426.jpg

いつもは深夜に到着して車内で寝るのだが、今回は出発直前まで自宅で寝て到着したらすぐに登れるようなスタイルにした。

こうすれば明け方の車内の凍えるような寒さが無い事と、山着を着て出発できるために現地で着替えないで済む。
ただ、いつもひと眠りしてから行動するので いきなり行動はやっぱり眠い。そして混雑する駐車場の場合は早着きしないと停めることができないリスクもある。
今日は月曜日。休日出勤の代休で来れたのできっと空いているだろうと見込んで朝の到着にした。


丹沢山を調べていくうちに必ず出てくる単語がある。『ヤマビル』だ。それは山の蛭で人や鹿などにとりつき、吸血する。
丹沢山域にはヤマビルがうじゃうじゃいるらしい。雨上がりの暖かい日に生息域を通過しただけで吸血の被害に逢う。人間の吐く二酸化炭素や歩く振動を察知して襲ってくるのだそうだ。
吸血するその時に『ヒルジン』という物質を注入する。そのヒルジンのせいで痛みを感じずに気が付かないまま吸われ続ける。そして血液凝固を阻害する働きもあるので蛭が剥がれた後もいつまでも血がにじみ続ける。服を脱いだらインナーや靴下が血で真っ赤になっていることもあるらしい。
イヤすぎる
服を脱いだら血だらけだなんてホラーすぎておしっこ漏らしそう。
ってか今日はハロウィン当日だから逆にぴったりなのか。『ヤマビル・オア・トリート!』

実は丹沢山はもっと昔に登ろうと計画したことがある山だったんだけど、ためらっていたのはこのヤマビルが怖かったからなのであった。
4月から10月まで活発に活動するため、どうしてもその時期を避けたかったというのもある。
明日は11月。もう大丈夫だろうと思うが、オレみたいに寒さに強い個体がいるかもしれないのでやっぱりちょっと心配だ。
12月まで待とうか…いや、あんまり陽が短くなるのも困るし。雪でも降ったら登れなくなるし…。
仕事中もそんなことで悩みながらも今日、丹沢山に行くことを決行した。




パンを食べて6時過ぎに出発。

すぐに『秦野ビジターセンター』に到着した。
e0284726_6121158.jpg

駐車場、レストハウス、バスターミナル、トイレ、靴の泥を落とす水道。至れり尽くせりだ。さすが関東圏の人気の山。
e0284726_6122816.jpg

自分の他にはちらほらと山登りの人がいる。さすが平日。少な目だ。

そのバスターミナル内で朝日を浴びた。6時過ぎ。
e0284726_6124016.jpg

舗装された登山道を歩く。
e0284726_6125366.jpg

今から登る大倉尾根は比較的ヤマビルが少ないという情報がある。人によっては見たことが無いとまで。それを信じるなら今までのは余計な心配だったのか。
と、思いながら歩いていると道路沿いに注意書きの看板が…。
e0284726_613384.jpg


ああ…やっぱりいるのね。
鹿やイノシシにとりつきながら移動し、生息域を広げているらしく、近年みるみると被害を受ける地域が広がっているらしい。
大倉尾根沿いにはその鹿の行動を制限する金網がかなり長距離で張り巡らされていた。行政もなんとかヤマビルの広がりを食い止めようとしているようだ。
e0284726_613204.jpg

朝で寒いからきっとヤマビルはいないとは思われるんだけど足元が気になってしょうがない。前方よりか足元ばかり見て歩くようになってしまった。
なんせ、足にとり付いたら尺取虫の様に移動して首元まで行くのに1分くらいで登ってしまうらしい。ハイスペックすぎるぜヤマビル様。
e0284726_6133470.jpg

そんな事を思いながら歩いていたら、
e0284726_6134316.jpg

ぎゃー!でたー!
ではなくて、ヤマナメクジだ。ヤマビルはこんなにはでっかくはない。ヤマナメクジは笠ヶ岳で初めて見た。そのときはあまりの大きさにびっくりしたのを覚えている。そのおかげか今回は全然驚かなかった。よし、これも過去の経験値のおかげ。

休憩所があった。
e0284726_6135720.jpg

もう山の中なのにトイレもある。ホント至れり尽くせりだ。でもまだ30分しか歩いてないし、なによりヤマビルの被害に逢わない方法は『立ち止まらない』が有効らしいのでそのまま通り過ぎた。

森の中の散策道を歩く。
e0284726_614824.jpg

歩きやすい。もうハイキングと言ってもいいくらいだ。ヤマビルの被害に逢いにくいように藪や草を払ってくれてあるので広々としている。

『見晴茶屋』に到着。
e0284726_6141782.jpg

ヤマバッジでも買おうかと思ったけど営業していなかった。
時間が早かっただけなのか、この時期は週末だけ営業しているのか。
e0284726_6143073.jpg

その先は延々と続く木道。これだけ整備するにはホントに大変だったであろう。濡れていて滑りそうだが滑らずに行けました。
さらにその先は延々と続く丸太の階段。階段って一気に標高が稼げるんだけどかなりキツイ。心臓がフル回転レッドゾーンだ。血圧300くらいいってそう。

ここの登山道は『大倉尾根』。
e0284726_6145580.jpg

ずっと尾根沿いを移動するんだけどこんな狭い尾根の頂点も歩くこともあった。なんか三角木馬の頂点を歩いているかの様。女王さまー!

さっきから地鳴りの様な音がする。(雷かな)と思ったんだけど、ゴロゴロというよりズーンズーンって感じ。季節や時間帯的に雷ってことも無さそう。これってもしかして…

※後で調べて判明したのは『富士演習場』の音らしい。ってことは大砲の音なのか。グーグルマップで見ても丹沢山と演習場はかなり離れている。それでもこれだけ聞こえるってのは大砲の音ってスゲェんだなと思った。
.
※しかし山でこの音を聞いたその時には『厚木基地』の音だろうって勘違いしていた。
…てかね、基地から爆発音が聞こえるってさあ…それって戦争じゃん。恐ろしい勘違いすんなし。気づけよ…オレ!


『堀山の家』に到着。
e0284726_6153749.jpg

扉に手をかけて引いてみるけど開かない。鍵がかかっているのか ただ固いだけなのかわからないけど、扉に『猛人に注意』と書いてあるのでやめておいた。
えーと…タケヒトさんなのかな。

8時半、花立山荘に到着。
e0284726_6155582.jpg

急にひらけた場所に出た。外で一人だけ休んでいる。やっぱりここも『CLOSED』になっている。週末だけやってるのかな。

景色を見ようにも…
e0284726_6161232.jpg

あれ?あれ?曇りがちだ。今日の天気予報は晴れだと思ったけど。複数の天気予報サイトでも山岳の天気予報でも晴れだったんだけど雲とガスが出ている。
e0284726_6162138.jpg

雲の切れ間から向かいの山肌が見える。風が強いのか雲が高速で横に流れていく。
e0284726_616307.jpg

紅葉していた。緑、黄色、オレンジ、赤。混ざり合ってホントにキレイ。

その先はひらけた尾根沿いを木道や丸太階段を上がっていく。なんかもうすぐ山頂っぽい。
そしてさらにひらけた場所に着いた。
e0284726_6164233.jpg






.
[PR]
by moriyart | 2016-11-13 06:16 | 丹沢山