どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

瑞牆山2

『来年一緒に山登ろう』

年下の同僚の家で宅飲みしたときに、オレが最近山に登っていることを打ち明けた時に言われた言葉。
その時は よくある社交辞令だと思ってハイハイなんて軽く返事していた。今年の年賀状にも『山登ろー』なんて書いてあったけど”あーハイハイ”だった。
そしてこの秋、『そろそろ山に行きたいのですが、いつがいいでしょう?』なんてメールが来た。
てっきり社交辞令だと思ったよ…なんて言ったがニヤニヤしながら『ノンノン、本気だよ』と返ってきた。


約束しちゃったんだからしょうがない。
軽はずみな返事はしちゃいけないな…とちょっとだけ反省した。いやいや、こんなオレにそんな声をかけてくれるだけでも感謝しないとね、ありがとう。

『山の選定は任せます』
そう言われて考える。できれば森林限界超えたいし、見晴らしのいい尾根歩きもさせてあげたい。でももう11月だから3000メートルクラスは氷の世界だ。
悩んで二つに絞った。瑞牆山と金峰山。そして同僚にどっちがいいか選んでもらって瑞牆山に決定した。




朝6時に瑞牆山荘駐車場へ到着した。

今回も到着後すぐに行動するようなスタイルにした。
コンビニで買ってきたおにぎりを食べてから出発。
e0284726_7185916.jpg

木々の間から瑞牆山の山頂が見える。
e0284726_719688.jpg

1時間もしないうちに富士見平小屋に到着。軽く休憩して出発。
少し下った先にある大きな丸い真っ二つに割れた石。
e0284726_719151.jpg

今回もつっかえ棒をしてきた。

その先は段差の大きな上り坂。結構しんどい。

そして9時半、瑞牆山の山頂に到着。
e0284726_7192532.jpg

e0284726_7193299.jpg

コンビニおにぎりとカップラーメンを食べた。

しばらく山頂からの景色を楽しんだ後に下山。
12時半に駐車場へ帰ってきた。

帰りの道沿いにあったダムを見つけて、オレが『寄って寄って!』とせがむ。そして塩川ダムのダムカードをゲット。
e0284726_7194375.jpg



感 想

瑞牆山か金峰山、本人にどちらを選ぶか任せたんだけど、実はオレの中では”金峰山がいいかなー”と思っていた。瑞牆山だとわりとすぐに下りてこれるので物足りないかなぁと心配していたからだ。
でも本人的には瑞牆山でちょうどよかったみたいでよかった。オレが8~10時間の山行に慣れてしまっているだけで、普通は4~5時間でも充分に満足できるということだ。
危うく疲れさせて嫌な思いをさせてしまうところだった。
だからオレはガイドなんて一生できないでしょう。まあ、ガイド体質じゃないし、この先もできないでしょうね。
でも一度プロのガイドと登ってみたいかも。いろいろ学べることが多そうだ。

たぶんこれで2016年、今年の山行は最後なのかな。今年は人生初のぎっくり腰で晩夏の山の予定が大きく狂ってしまったけど それでもたくさんの山に登ることができました。いや登らさせていただきました。家族や職場には頭が上がりません。1月3日の天城山に始まり11月5日瑞牆山まで13回、こんなにも登りました。

来年は、どうなるかなぁ。


瑞牆山  おしまい





.
[PR]
by moriyart | 2016-12-03 07:19 | 金峰山・瑞牆山