どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

式根島

去年、伊豆大島に行った。

以前からの離島訪問願望は達成できて満足していた…ハズだった。
『今度は父島だ。そのためにはお金を数年かけて貯めないとな』
そう思ってちょっとずつ『島貯金』なるものを貯め始めていた。
しかし一年も経てば満足は薄れ、また行きたいという欲望が込み上げてきた。
だって伊豆七島って、有人の島は9つもある。小笠原諸島に手を出すのにはまだまだ早い。

伊豆七島の中では去年、その中のひとつの伊豆大島に行った。
他は『利島』『新島』『神津島』『三宅島』『御蔵島』『八丈島』『青ヶ島』、そして明治以降に有人島になった『式根島』がある。


ど・れ・に・し・よ・う・な!

各島の紹介を読んで自分に合いそうな島を探す。じっくり吟味した訳でもなく、ざっくりと選んだ。

よし!『新島』にしよう!

最初は新島だった。無料のキャンプ場もあるし、ちょっと大きめな島だし、なんとなく良さそうだ。
本当に適当に選んだ。しかし色々調べていくうちに『ちょっとこれはなぁ…』なんて目立つところが出てきて他の島も調べるようになった。
ある島の紹介で お! となった。『自転車で充分廻れる』という言葉に非常に魅力を感じた。小さい島ということだ。

その島は『式根島』だった。

今回もレンタバイクのつもりだったが、自転車で済むのなら費用を安く抑えることができそうだ。
実は今回の航路は去年の航路とは違って船会社が違う。去年の『東海汽船』なら観光復興キャンペーンでびっくりするほど安くなっていたが、今度の船会社はそんなのやってないので普通の料金。
なんと片道の値段だけで去年の往復分を超えてしまっている。なので、できれば船代以外に予算を抑えたい。だからレンタサイクルが最適なこの島にしようとアッサリ変更になった。


そうと決まれば情報収集。
伊豆の下田に乗り場のある『神新汽船』に昼休みに電話をかけてみた。ホームページには『駐車場は1日以上の駐車はできません』と記してあった。船が一日1便しか出てないのに日帰りなんて出来っこないじゃん…そう思って確認しようと代表のおねえさんに聞く。
あっさり連泊で停めていいとの返事。
やった!問題クリア!オレの声がちょっとだけウキウキになった。しかしその後 おねえさんが言った言葉は、『この時期よく欠航するので気を付けてください』と。
はい?
どういうことなのか聞いてみれば、季節風による海上の風と波ですぐに欠航してしまうらしい。
『今日も欠航しているんですよ、こんなに晴れてるんですがねぇ』
たしかに今日は雲一つ無い青空が広がっている。ただ、今オレがいる場所も風がかなり強い。グランドの砂が舞い上がる。さっき畑に種ジャガイモを植えたんだけど、覆土した土が強風で舞い上がってせっかく埋めたジャガイモがこんにちわしている。

大島行きの便はあまり欠航しない。伊豆半島が季節風をせき止めているからなのだとか。伊豆半島以南にある島に行くこの航路は、冬の時期に欠航率が高めなのらしい。
e0284726_16474346.jpg


えー…
どうしよう…船が欠航して行くことができないならまだしも”行けたのに帰ってこれない”場合、何日島に取り残されるんだろう。職場になんて言おう…正直に言うか、急用でごまかすか…。正直に『今、島にいまして…』なんて言ってら最初にハァ!?なんて言われそう。帰ってきたら島野郎なんて陰で呼ばれてそう。
天気予報サイトを立ち上げ、天気図を見てみる。今日は週の頭。予定は週末。金曜日までずっと西高東低の冬型の気圧配置だ。これは季節風吹きまくりであろう。週末になれば日曜まで移動性高気圧に覆われている天気図だ。天気図的には行ける。
でもあくまで予報。
もうその日から毎日休み時間の度に天気図とにらめっこしていた。カミさんには島に行く許可をもらってあるんだけど、急に行かなくなる可能性があることだけは伝えておいた。神新汽船のホームページで運行状況を確認してみた。こんなに晴れてるのに今日も欠航。もう不安で不安でしょうがなかった。
それでも準備だけでも…と木曜日からせっせとザックに荷物を詰め込んでいた。

金曜日の夕方、週末の天気を確認。移動性高気圧に覆われて穏やかになるらしい。ついでに調べた今日の運行状況では欠航していた。

よし!行こう!

(長すぎる前置きはこんくらいにして)








.
[PR]
by moriyart | 2017-03-18 16:32 | 式根島