人気ブログランキング |

どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その5(乗鞍岳Ⅱ)

記 録

活動時間:6時間37分
移動距離:11.1km
高低差:1,282m
累積標高(登り/下り)
1,592m / 688m
カロリー:2216kcal
e0284726_16551643.jpg


感 想

日帰り大天井岳に行かなくてよかったぁ…。

大天井岳 14時間半 18.9km
乗鞍岳   6時間半 11.1km

これだけ差があるのに乗鞍の山行では余裕を感じたわけでもなく、挙句の果てにシャトルバスに乗って帰るという怠惰な行為をしてしまい、じゃあ何の根拠を持って大天井へ『大丈夫イケそう』だったのか。完全に遭難しに行くようなもんである。これは大いに猛省するべきじゃないのかと思った。

でも2年くらい前だったなら強行突破してたんだろうと思う。しかし最近、歳をとって無茶をする気持ちがだんだん無くなってきた。最近オレがちょくちょく口にする『気持ちの老い』なんじゃないのかと思う。若い頃はイケイケゴーゴーだったのに、今は驚くほど臆病だ。
まあそれは命を守る&生きていく上での正常進化なんだと思う。(断じて退化とは認めないぞ)

『山は逃げないから』
そんな言葉をよく見たり聞いたりする。要は焦って無理するなっちゅう意味だとは思うんだけど、確かに山は逃げないけど、自分の若さはどんどん逃げていく。登れたはずの火山も警戒レベル引き上げでタイミングも逃げていく。やっぱりちょっと焦っちゃうよね。これはホントしゃーない。
このしゃーないことを焦らずに笑って流すことができるのが、もしかしたら本当の山男なのかもしれないね。器の小さいオレはまだまだ山男になれそうもないかな。

そうだなー、これからは山行時間は10時間以内、移動距離は15km以下を限度として計画をしていこう。もちろんコースタイムの倍率は1.0のままね。そこはイジっちゃダメだ。

ネガティブなのはこの辺までにして…

さすが乗鞍岳。人気が高いのもうなずける。
『ハイヒールで登れる山』として有名だが、さすがにハイヒールで登ると確実に足をグラシアスなので(アホだ)やめた方がいいと思います。でもGパンスニーカーなら余裕かな。
小さな子供からおじいちゃんまでいろんな年齢層がいて いかに懐の深い山なのかがうかがえる。

山頂や尾根からの景色が他の北アルプスより異世界感が一段上に感じるのはなんでだろう…スカッと開放感があるからなのか。なんでかわからないけど、超異世界感がするんだよね、ここ。

これは7年前、友達の組長と小学生のU君と3人で登った時のモノ。
e0284726_542184.jpg

時の流れを感じるなぁ…。この頃はまだ登山というものに興味を持っていない頃だ。持っている装備はすべて富士山に登るために揃えたものだから。
ここからの景色を見た後、家に帰ってから【他の山からの景色も見てみたい】ってだんだん思うようになった。
だからもしかしたら今のオレの原点になっている山と言っても過言ではないのかもしれない。

そうやって思えばこの日の前日に『合流して3人で乗鞍に登らない?』と言った組長の一言が、今の山ライフの始まりのキッカケだったのか。それともこうなるのは必然だったのか。ハッキリわからないけどね。

超久しぶりにこの時の記事を読んだけど、笑ったわ。笑った上に懐かしかった。この頃は今より気持ちもほんのちょっと若かったね。いろんな事をヘンなフィルターをかけずにまだ素直に楽しめたもん。今はこんなにも偏屈だしさ。わははー!

まあいい、
ホントは家族3人でいつか来たかったこの山。おとーさんだけ来ちゃったよ。ごめんね。

ああ、もう一度登ればいいのか。
でも相変わらず虫が多いんだよねこの山。虫嫌いな息子くんには魔の山だなコリャ。
e0284726_16564476.jpg

乗鞍岳(二回目)
おしまい




.
# by moriyart | 2019-08-13 17:00 | 乗鞍岳