どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

西穂高岳(その2)

平坦な山道は競歩の速度で。ツアーも少ないのですいすい行ける。目的がたぶん同じ人はやっぱり速足で山道を歩いている。オレ好みの速度で歩くお姉さまの後をストーカーの様に追いかけていく。山荘前の急登はさすがにこたえた。ゼーゼーハーハー息が切れて富士山の時みたいに酸欠になりそうだった。前を歩いているお姉ちゃんはどう思ったんだろう。いよいよストーカーが変態化して後ろからゼーハー聞こえてさぞかし恐怖だったに違いない。
e0284726_10572981.jpg

西穂山荘に到着。30分稼いだ。がんばったもん。汗だっくだく。持ってきたペットボトルを飲みほしてしまい、ここでペットのポカリを買った。350円。
…高い。さっきの浮いた270円が瞬殺されました。
e0284726_10574871.jpg

もよおして無いんだけど、この先トイレが無いのでトイレに行った。トイレの中は岐阜県側から上がってくる冷たくて湿った空気が充満していたみたいで入った瞬間ヒヤっとした。
おー気持ちいい!と思った瞬間、上半身いたるところから湯気が立ちあがった。なんじゃこりゃー!頭から体から腕からもうもうと立ち昇る湯気を纏う姿ははまるで釜揚げされた蟹の様。またはオーラか闘気のごとし。異様なその光景はオレの後ろにいた人はどう思ったんだろうか。そして立ち上がる湯気は上半身からのみ。下半身は機能タイツの上にズボンを穿いているので封じ込めているだけ。なので用をたす時にズボンを下げれば…まるでボイルされた…

表現を自粛させていただきます…。

e0284726_1058667.jpg

山荘を出発。ここから長野県と岐阜県の県境を歩いて行くんだけど、岐阜県から上がってくる風がキンと冷えていてすごく気持ちがいい。一瞬で汗がひいて乾いていく。
稜線が県境なのでそこを歩いている時に右に行けば長野県、逆なら岐阜県。反復横とびすれば高速県移動。バカな事をして楽しんでいた。
長野県側を見下ろすとそこにあるのは『上高地』そしてあの赤い屋根の建物は『帝国ホテル』だ。ついに来たぜこの時が。
貧乏人からの見くだし光線照射!
e0284726_1058394.jpg

ビィビィビィビィ
e0284726_10585367.jpg

ビィビィビィビィ
e0284726_1059261.jpg

ビィビィビィビィ

決まった。これで宿泊しているブルジョアは無性に庶民の食べ物『卵かけごはん』を食べたくなるに違いなし。勝った。
e0284726_111484.jpg

e0284726_111159.jpg

丸山、独標も前回と違って景色を拝む事ができた。絶景です。
そして独標までさらに30分時間短縮。合計1時間 前回より切り上げ、ロープウェイの30分遅れを取り戻し、さらにもう30分の余裕を作りました。きっつー!
by moriyart | 2013-08-31 10:46 | 西穂高岳