どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その5(北穂高岳)

反省

三連休は晴天に恵まれ、8月の荒天時に来られなかった登山客がドッと押し寄せてきたらしい。しかしオレは連休最終日にここに訪れ、翌平日に帰ったので非常に空いていた。土曜日出勤の代休でこういう日取りができた。本当は14,15,16日で行ければ涸沢から見える全ての山に登れたのだが、組長ゆえに地区の体育大会に14日に出なければならなかった。ちょっと残念でした。

この夏はオレの山へのわがままをたくさん叶えさせてもらって家族には本当にありがたかった。
出発するときには必ずお守りを書いてくれ、たまに泣いた息子くん。そのお守りと泣き顔を思い出すと山行中も車移動の道中も安全意識が高まった。『必ず生きて帰る』と。
大げさなんだけど、何かあった時には簡単に命を落としてしまうので それくらいがいいんじゃないのだろうか。

今年の夏山のテント泊はこれで〆です。高い所にある山荘では初氷が張ったそうで、そろそろ夏の格好で登るには命をかけなければならない。来年の夏までぬくぬくしながら、山からの壮大な展望を夢見て山トレでもします。


オレの誕生日、鍋を食いながら見上げていた前穂高岳で亡くなった遭難者が、オレがちょうど鍋を食っているその時に発見されたとの事。 無念でしょうが、せめて亡くなる前に前穂高からのいい景色は見れたのでしょうか…ご冥福をお祈りいたします。

穂高連峰、残りの山は『前穂高岳』『奥穂高岳』『涸沢岳』これは来年のお楽しみとします。いよいよ穂高の核心部、これらを登るにヘルメットを被ります。そういう山だということなので気を引き締めていきます。
どうやら来年その3山を登る時には一人じゃなさそうです。独りじゃないって久しぶりだなぁ。

よろしくたのむぜ、相棒!

いや、がんばりますので置いてかないでください(汗)




あと一つ、涸沢に向かう登山道でいい歳したカップルがペアルックで手をつなぎながら歩いているのを3組くらい見た。40~50代くらいかなあ。
恋の涸沢ぎってか?

おあとがよろしいようで…。




e0284726_153273.jpg

北穂高岳  おしまい
by moriyart | 2014-09-20 00:17 | 北穂高岳