どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

金峰山・瑞牆山

きんぷさん?きんぽうさん?
どっちなんだろうと思って調べてみれば、どちらも正解らしい。名前の由来はわからないが、きんぽうさんでパッと思いついたのは、
サモハン・キンポーさん
ご丁寧に敬称付きになりました。  ま、くだらないね。

で、瑞牆山…。


読めねぇ…。
おまけに一生書けないと思います。こんな字があるんですね。オドロキです。
『みずがきやま』と言うそうで、こっちも由来は知りません。


金峰山も瑞牆山も どちらか片方だけで1日つかって登る山なのだが、1日で両方登るのも とりあえずは可能らしい。実際そうしている人もけっこういるみたいなので自分もマネてみた。ただ、行動時間は10時間を超えるのは避けられないです…。
e0284726_23124813.jpg

深夜に到着し、朝4時前に起きてゆっくり仕度をして4時40分に出発した。けっこう涼しい。上着を出して着た。
程なく瑞牆山荘に到着。
e0284726_2316244.jpg

e0284726_23174542.jpg

まだ営業前で寝静まっている感はあるが、2人くらい外で準備をしていた。
山荘すぐ前が登山口なので、山荘を背に靴ひもを締め直して いざ、金峰山へ。
登り始めてしばらくは森の中。
e0284726_23213671.jpg

土っぽい道で 歩き易いといえば歩き易い。

木々の間から おそらく瑞牆山の山頂だろうという岩の山が見える。
e0284726_2324567.jpg

いやいや、なかなか歩きごたえがありそうだぞ。

ときおりケルンが積んである場所もあった。
e0284726_23253583.jpg


40分くらい歩いて富士見平小屋に到着。
e0284726_23282647.jpg

e0284726_23294334.jpg

テン場もあった。けっこう広くて地面も柔らかそうで どうやら快適かもしれない。日程に余裕がある人は、ここにテントを張って、今日は金峰山、明日は瑞牆山と二日に分けるんだろう。まあオレはお金も時間も貧乏なので今日、一気に両方行っちゃいますわ。
e0284726_23323576.jpg

トイレもなかなかキレイで ほんとにいつかここへテント泊をしに来たくなった。
by moriyart | 2015-05-13 23:34 | 金峰山・瑞牆山