どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その4(赤岳・横岳・硫黄岳)

反省

赤岳への登り階段は非常にキツかった。このキツさ、槍ヶ岳へ向かう千丈乗越への擬木階段を上っている時のあの辛さを鮮明に思い出した。
あの辛さを克服する為、力と持久力を出せるように日々歩いたり、小走りしたり、スクワットやったりしていたのは何だったのかと 軽くショックを受けた。
ただ、下山2日後くらいにやってくる足の腿とふくらはぎの筋肉痛は皆無になったので、そっちの方での成果はあったんだと少しだけ自分をなぐさめた。

落石なんかも発生させて、なんか今回のでつくづく自分は山向きな人間じゃないのかもと弱気になり始めている。
『あんな70近いバァさんが登ってんだから余裕っしょ~』なんて数年前思っていたが、かえってベテランのかたの方が無理せず足元も注意して落石なんか起こさないんじゃないか。そして靴の中の蒸れなんて体が枯れかけてるから起きないんだろうと。(超失礼)


まあ、自分の山歩きのスタイルを見直す いいきっかけを作ってくれた山行だったということで、『問題点はあったが、収穫はあった』と、どこかの監督が言いそうなセリフでやる気を復活させた。(イヤミったらしいな)


ここずっと一人で行動するのが当たり前になってる中で 団体もいいかもと思い始めていた矢先、今回 団体の中で女の子が一人、泣いてしまい、全体の行動が中断しているのを見た。
団体行動は助け合うこともできるし、全体の行動を止めてしまう事もあるのか…。うーん。
例えば将来の夢の『息子くんとどこかに登る』これをやったとき、
息子くんが動けなくなるかもしれない。
オレが落石を起こして息子くんに当てて殺してしまうかもしれない。
息子くんが誰かに石を当てて殺してしまうかもしれない。
オレだけ滑落したら息子くんがその場所で途方に暮れてしまうかもしれない。
噴火した場合、親しいけが人は置き去りにできずに共倒れになるかもしれない。
山に誘ったばっかりにその人を不幸にしてしまうかもしれない。




・・・・・・う~~ん。




やっぱ今までどおり独りで ええわ。
今回ちょっとナーバスだな…。

e0284726_8285393.jpg

赤岳・横岳・硫黄岳
おしまい

by moriyart | 2015-07-18 13:11 | 八ヶ岳