どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その6(奥穂・涸沢・北穂)

反省

穂高登頂のお誘いを受けてから11ヶ月。見事『主峰 奥穂高岳』を攻略することが出来ました。
一番最初の計画では、もっとスケジュールが混んでいて前穂高岳まで予定されていた。体調とスケジュールの進行状況で臨機応変に予定を変えて行った。要はキツキツスケジュールからゆとりのスケジュールに変更していったのである。
組長はどう思ったかわからないが、オレは けっこう良かったんじゃなかったかなぁと感じた。天気もまずまずで行動中の雨も降らなかったから危険も無かったし。明るいうちに降りてきてのんびりもできたしね。

『森のポーズ』をする山の顔見知りもできて この先いつかどこかで巡り合えるのか、自分の運だめしみたいな楽しみもできました。

いつも一人なので 擦れ違うときのあいさつ以外は2日間ほとんどしゃべらない。でも今回は二人なので下山中はだいたい下品な事ばかりしゃべってました。ハイすんません、こんな人間なんですわ。

坊主頭二人のオッサンが山に登って なにかの僧侶の修行なんかと間違われたらイヤだなと思っていたが、よく考えたら常に帽子かヘルメットかぶってるから そんな心配は無用でした。(心配してねーし)

まあいい、
残る『前穂高岳』は またのお楽しみとしておきます。オレの本当のボス『ジャンダルム』と共に いつか攻略してみようと思う。来年以降かな。まあ、急に決まるからわかんないや。


今回歩いたコースは 一般登山道だが危険がいっぱいだった。亡くなっている人も年間通してかなりいる。
今月頭にもザイテングラートで男性の方が滑落して亡くなってます。 山の景色を楽しむ為にやってきたのに、事故なんかに遭う為に来たわけじゃないのに…。 さぞ無念でしょう。心よりご冥福をお祈り致します。



3日間付き合ってくれた 組長氏、ありがとうございました。
独りじゃない登山を体験させてもらいました。そういや乗鞍の時もさそってくれたっけ。あんときゃU君もいてさらに にぎやかだったなあ。
あと、異様に早い下山スピードが印象的だった。さすが、下るのは得意なのか…スキーヤーだし、腹も下すし。  まあ腹はオレも下しまくりだったけど…。お互いおなかが弱いのが山ノボラーとしては致命的なんだよね。


ともあれ
また、いつかどこかいっしょ…おっと!なんでもない。
e0284726_23201610.jpg

穂高連峰
おしまい

[PR]
by moriyart | 2015-08-17 23:20 | 穂高連峰