どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その4(笠ヶ岳)

反省

出発前の天気は曇りのち雨。少しだけ行くのを悩んだ。何時間もかけて行くのに荒天がわかってて決行するのはいかがなものか。でも二日間ずっと雨じゃないし、当日も弱い雨が数時間程度だし、なにより最近の山行で”悪い天気予報が好転する”事が多かったので ちょっとだけ賭けてみた。
晴れ男では無いです。今期だけ『回復男』としときましょう。きっと来季は晴れの天気を雨に変える『超絶雨男』に変身するに違いない。まあ、そんときゃそんとき。

ホンっト靴擦れはどうしよう。いろいろ対策はしているのだけれど決定的なものが無い。脚的にはまだまだ追加3時間以上歩ける。ホント体力だけは年々上がってきている。しかし足がまるっきりダメだ。最終的には5時間以下の行動に限定するか、靴を買い替えたり、中敷きを試してみたり…。でもあまりお金はかけたくないです、ビンボーなんで…。 ってか、足に合わない靴を無理に買ったわけではありません。歩きはじめてから数時間、靴の中は気持ちいいくらいのフィット感だし、店員さんとじっくり話し合って決めたんだけどなあ…。
やっぱ山向きな足じゃないのかなぁ。またちょっと自信が無くなってきたわ。足裏トレーニングってあるのかな?
ねぇだろうな。


天気悪し、展望ゼロ、テン場無人でふれあいゼロ。
記憶に残らぬワースト的な山行になるかもなぁ とちょっとあきらめた瞬間もあったけど、そんなことは無かった。マイナスの要素の方が強く思い出に残る事も改めて感じた。 要は不貞腐れずに 悪い状況もネタにして楽しめるかどうかなんだろう。 いろいろ思い返すうちに一つだけ後悔したことがあった。


二日目の下山時、後ろから追い抜いた けっこういい歳のオバサン。おっそろしい程の健脚であっというまに視界から消えた。しかしその先でガッツリ休憩をとる人で、休憩中にオレが追い抜いていく。 オバサン、話すのが大好きみたいで オレが追いつくたびに いろんな事を話した。 数時間の間に何度も追いついたり追い越されたり。

鏡平の山荘に到着した時に遠くのベンチから大声で『おつかれさまー!』と声をかけてくれたさっきのオバサン。誰に言ってんだろうとあたりを見回すが、視線はオレの目を見ているからオレに言ってくれたみたいだ。その人はかき氷を食べていた。自分もご飯を食べるにあたってテーブルを使うのだが、オバサンの隣と別の場所2か所だけがあいていた。

オバサンの隣に座らなかった。

言い訳がましいことを言えば、女性って そんなに知り合いじゃない人に食べてる所見られたくないかもな なんて思ってしまい、あえて止めた感じだ。 ずっと前から好意的に話しかけてくれてたのに わざわざ避けた様になってしまった。どう思ったのだろうか。いや、還暦くらいの人だから達観しててなんとも思わないかな。
自分よりずいぶん年上なのに超健脚なので もしかしたらいろいろと山の面白い話を聞けたかもしれない。
背中越しに立ち去る気配がしたので、振り返るとずっと先まで歩いていた。その後は二度と追いつく事は無かった。
たいしたことじゃないかもしれないけど、少しだけ後悔した事柄だった。



高山の夏、アルプスの夏はホントに短いです。雪解けが7月の半ば、凍結が9月の半ば。こんなにも夏山と言える期間が短いのか。だから夏のアルプスは混むのだろう。
10月にも行けばいいじゃん~なんて思っていたが、ちょーっと寒そうだ。10月以降は地元の低山の方が幸せになれるのかもしれない。 シルバーウィーク中にじっくり考えますかね。

今年度の夏山は楽しかったです。何年かに一度登れればいいようなメインディッシュ的な山を幾つも登ることができた。いろいろな経験もできたし。一人じゃない時もあったしね。 濃密な楽しさでした。
あと一つ、特筆することは、

有吉のラジオ番組超おもしれぇ!

e0284726_8262238.jpg

笠ヶ岳  おしまい
 
 
 
 
 
 

.
[PR]
by moriyart | 2015-09-18 23:14 | 笠ヶ岳