どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

鳳凰三山

7月あたりから何度か行こうとしていたこの山。急な予定の変更で二度も行く対象から外されてしまった。3度目の正直、やっと今回行けそうだ。『鳳凰』なんて超立派な名前なんだけど、後回しにばかりされたんじゃ不死鳥なのに死んでしまいそうである。

鳳凰三山の登山口はいくつもあって、登る人の交通手段や気分でけっこう変えることが出来る。自分も韮崎からか夜叉神からかちょっと悩んだのだが、夜叉神登山口から山頂を目指す。なんせ大好きな尾根歩きを往復できるのが大きなポイントだ。

夜叉神まではワリと早く到着した。秋も深まり、車内は寒いのでけっこう厚着をして運転席で仮眠をとる。
初日は『御室小屋』まで登って留まり、二日目に鳳凰山に登る予定なのでゆっくり起きてゆっくり支度してのんびり出発しようと決めていた。
しかし、夜叉神峠の通行規制のゲートの前には5時前からマイクロのタクシーが何台も並び、ゲートが開くのを待つ。ディーゼルのアイドリングがカルカルうるさくて とても寝てはいられない。
e0284726_22343197.jpg

眠気も無くなり、しょうがないので朝飯のにぎりを食べた。
…早立ちして山荘に早めに着いて テントの中で寝ればいいじゃん。
そう思い立って いそいそと仕度をはじめた。

夜叉神の駐車場は混むと聞いていたが、意外にも空き空きだった。
e0284726_2236940.jpg

ゲートが開いた後の警備員は暇そうだ。
e0284726_22361781.jpg

午前5時半、いざ、出発!
e0284726_22363285.jpg

…したが、買ってきたアンパンを忘れたのに気づいて300メートルくらい登ってしまったので、わざわざ車まで戻った。すれ違ったお爺さんに『ずいぶん早い下山ですが、何時頃むこうを出発したのですか?』と驚かれた。
『忘れ物です』テレて説明すれば、なーんだ…の顔。
e0284726_22364472.jpg


午前7時、夜叉神峠小屋に到着。
e0284726_22365372.jpg

まだそんなに標高が高くないのだが、なかなか景色がいい。
e0284726_2237545.jpg

テン場もあったのだが、草が生えている。あまり使われてないのかな。
e0284726_22371384.jpg

空は澄んでいるのだが眼下には雲海。地上の天気は曇りがちの様だ。
e0284726_22372799.jpg

e0284726_22375230.jpg


8時半、杖立峠に到着。
e0284726_22375852.jpg

あんまり登ってくるお客さんがいない。少し休憩。
重いザックを下して歩くと、ふわふわと浮いている様な感覚になる。今日はいつもより食料の重量がある。汁気があるものを持ってきたからだ。いつもザックがパンパンで余分な物を入れる余裕なんてまるっきりないのだが、ザックの横に付けられるエクステンションパックがあるのを知って今回買って取り付けてみた。
e0284726_22381762.jpg

ザックの中で汁物のパウチが爆ぜ、八丁味噌の液体で悲惨な事にならない様にサイドパックの中に入れてある。アンパンもここなら潰されずに原形を保てそうだ。
e0284726_22382287.jpg

休憩も終わり、ザックを背負って一歩踏み出す。『重い…』いつも乾燥レトルトばかり持ってきてたので汁物は地味にズシリとくる。ヘタれなければいいけど…。その重さも夜の楽しみとしてベロを出しながらガマンする。
e0284726_22383159.jpg



9時20分、『火事場跡』に到着。
e0284726_22385755.jpg

変わった名前の場所だなぁと思って見回せば、ここら辺だけ木が小さい。まさか本当に山火事が起きたのか。

10時過ぎ、苺平に到着。
e0284726_2239691.jpg

結局ずっと樹林帯だ。森林限界でも超えれば景色もグッと良くなって気分も変わるのだが、南アルプスって北アルプスよりも森林限界は高い様な気がする。
e0284726_22392051.jpg

[PR]
by moriyart | 2015-10-08 22:43 | 鳳凰三山