どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その3(雲取山)

感 想


なんなんだこの山は。
こんなにイヤな思いをした山はダントツでこの山しかない。(※個人的見解です。今日がたまたまそうだったのかもしれません)
無視される事がこんなに辛く苦しいモノなのだと改めて体感した。いっそのことこっちからの挨拶もすべてやめてしまってもいいかもしれない。しかし何人かはちゃんと挨拶をしてくれる。だからやめるわけにもいかなかったのです、ハイ。 
たしかに街中では道行く人々に いちいち挨拶なんてしないしね。だから山でもそういうものだという事なんだろう。 うーん…だよなぁ。


駐車場に停まっていた車のナンバーはほとんど東京都のものばかりだった。これが都会モードなのか…。
たしかに山では『あいさつをしなければいけない』なんてルールやマナーは無い。むしろ必要無いのかもしれない。むこうからしてみればオレの方が押しつけがましくてウザかったんだろうと感じた。

オレが作業なんかしていて通りがかった人が、誰に対して言ったかわからない『こんにちは』に釣られて反応してあいさつしてしまったりすることがよくある。
急にあいさつされたら、反射的に返してしまうもんではないのだろうか。言葉じゃ無くても 軽く会釈するとか、少し手を上げるとかでもいいのに。ピクリとも動かず、表情も全く変えず目も向けず…。ここまでスーパースルーできるのも逆にスゲェなぁと感じた。
東京は都会だし、知らない人に関わってはいけないというのがデフォルトなんだろう。特に子供さんなんかは そう教育してこられたのかもしれない。田舎と同じ目線じゃダメなんだろうなぁ。

おっかぁ、おら、やっぱ東京さ、おっがねぇだぁ!

(※あくまで個人的見解です、ご了承ください。 ネットで表現するってむずかしいなぁ…)


天気も良かったし、おもしろい山だったけどさ、雲取山…
もう絶対行かねぇYO!
e0284726_6552946.jpg


雲取山  おしまい





そろそろ岩稜ちっくなアルプスが恋しくなってきた。はやく来い来いアルプスの夏




.
[PR]
by moriyart | 2016-05-28 06:53 | 雲取山