どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その3(常念岳・蝶ヶ岳)

感 想

やはり北アルプスは別格だった。
甲乙つけたりするつもりもないし、他の山も勿論おもしろいと思うが、久々に登った&眺めた北アルプスの感動は震えるほど凄かった。 自分、岩稜ちっくな山がが好きなのでコレはしゃーない。

一般コースタイムの70%の時間で登る
大丈夫か少し心配したけど、テン泊装備じゃないし、穂高界隈はちょっと甘めのコースタイム設定だという事で決行しました。余裕があったのかと聞かれれば そうでも無いけど、無茶をしたのかと聞かれても無茶でもなかった。こういう個人差ってものさしで計るのは難しいんだろう。体調でも変わるしね。これからはもう少し慎重にします。


常念岳に登って見た景色に、なにか不思議な感覚にとらわれた。よーく考えた結果、去年『笠ヶ岳』から眺めた穂高連峰のミラーになっていることに気が付いた。常念岳と笠ヶ岳は穂高連峰を挟んで反対にある関係になっているのか。
去年の笠ヶ岳からの展望を合わせてみた。
e0284726_1861118.jpg

見事です。
前穂がこっち側になるかあっち側になるかの違いだけでキレイにミラーになっている。
でも似たような景色が見れるんだけど、気軽に登れる蝶ヶ岳の方が人気が高いんだろう。笠ヶ岳は日帰り無理だしね。

鳳凰三山以降、森林限界を超えない山を登っていて(三原山を除く)北アルプスの雪解けを今か今かと待っていた甲斐がありました。梅雨の時期にあり得ない程の晴天だったしね。
この日に行こうと思ってから、曇りベースの予報から降水確率が30%から日に日に20、10と下がっていき、明日は0%となった時には踊り狂って喜んだ。 山行の幸運のために、日常の不運を全て受け入れた報いだと勝手に自分に言い聞かせて、また明日から喜んで日常のアンラッキーを受け入れると宣言しました。
赤信号でもトラブルでもドーンと来やがれぃ!



この夏、北アルプスはいくつ登れるかな。あの山もこの山もと指折り数えてみるも日程的にも予算的にも厳選しにゃんといかんなぁ。財布に雪解けが来ないもんでね。

とりあえず、梅雨が早く明けないかなー!それまでに仕事がんばろー!


…仕事思い出したら一気に重い気分になったわ…。
e0284726_18224519.jpg

常念岳・蝶ヶ岳
おしまい





.
[PR]
by moriyart | 2016-06-25 18:23 | 常念岳・蝶ヶ岳