どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その4(大喰岳・槍ヶ岳)

三日目。
今日もパンとスープ。支度も片付けも楽だからしばらく山の朝はこれになりそう。
テントの撤収以外の身支度を終わらせて、4時20分過ぎに、もう一度槍の穂先に向かう。
昨日決めたこと。天気が良さそうだったら、ご来光目的にもう一度 穂先に登る。
天気が悪かったらそのまま帰る。
どうやら最高のロケーションになりそうなのでご来光目的で登ることにした。
すでに山頂に向かっている人のヘッデンが槍の岩壁にいくつかの筋をつくっている。
e0284726_11374614.jpg

4時半、山荘前は穂先に登らずに ここで日の出を見ようとする人がたくさん出ていた。その人たちの間をぬって穂先を目指す。
e0284726_1138128.jpg

槍の肩に近づいたときに特大の流れ星が流れた。尾を引き、長く光っている。興奮して指をさしながら『あれ!』と叫び、振り返ると組長が居なかった。だれもいなかった。けっこう恥ずかしかった。

日の出前の子槍。
e0284726_11381732.jpg

やっぱり子槍の上ではアルペン踊りは絶対無理だと思った。
e0284726_11385830.jpg

なんとか日の出前に穂先に到着。
e0284726_1139784.jpg

激混みだったらどうしようと心配したが、とりあえず座れる場所はあった。
e0284726_1139183.jpg

そして4時50分過ぎ、雲海からお日様が顔を出した。
e0284726_11392889.jpg

神々しいなあ。
e0284726_11393763.jpg

朝日を横から浴びながら祠の前で撮ってもらった。
e0284726_11395114.jpg


陽が上がってくると、笠ヶ岳の向こうの雲海に槍ヶ岳のとんがった影を落とす。神秘的だ。
e0284726_1140476.jpg

ご来光を見終わった後、またまた渋滞にはまりながら下山した。今日は長~い道のりを歩いて帰るのでホントは早めに出発したいんだけどね。煽ってもしょんないし、みんなの山だし。山のような広大な心で待ちましょう(イライラ)

山荘横の小高い丘の上に槍が刺さっている場所で写真を撮った。
e0284726_11401752.jpg


大槍と子槍をバックに。
e0284726_11402676.jpg

そこから槍を見上げれば岩壁にへばりついている登山者が多数。自分らも ああだったんだろうね。
e0284726_11403531.jpg

テントを撤収し、さあ帰ろうかという時間にヘリによる荷揚げがあるらしい。
ヘリを間近で見られるなんて こりゃオトクだということで近くまで見に行った。
e0284726_11405077.jpg

e0284726_1141233.jpg

荷を下ろすヘリと人を乗せるヘリが入れ替わりで飛び立っていく。
e0284726_11411528.jpg

爆音を上げるエンジンと、数トンもの機体と荷物を揚げるローターの迫力に おれの心のローターもブンブン回りっぱなしだった。 やっぱ空飛ぶメカって超カッコいい。カメラを構えたまま、何かにとりつかれた様に一歩また一歩ヘリに近づいていく。周りのみんなもそう。男はみんな回るものが好きなんだよ(謎)

しかし山荘の人が安全のために通せんぼしているのでそんなに近くまでは行けなかった。そりゃしゃーない。


今日の大喰岳はスカっと快晴。きっと大展望に違いない。
e0284726_1141273.jpg

坂を下りながら何度も振り返って槍ヶ岳を名残惜しく眺めた。そうだなぁ…今度は10年後くらいかな。
e0284726_11413777.jpg

二日かけて登ってきた道を一日で一気に下っていく。
e0284726_11415826.jpg

e0284726_1142682.jpg

途中、猿の大行列にあった。子ザルがたくさんいた。
e0284726_11422541.jpg

これだけいるとちょっとだけ恐怖だ。ずーっと目が合いっぱなしの時には一瞬ヤバいと焦った。



15時前、河童橋に戻ってきた。やれやれ。
e0284726_11423836.jpg

河童橋まで戻ると一気に観光客の数が増える。家族で上高地へ旅行へ来れるなんてプチブルジョアの方々ばかりだ。そんな方々はみんな香水や高級そうな石鹸のいい香りがする。その集団の間を縫う様に二日間 風呂に入っていない男が加齢臭をまき散らしながら歩いていく。テロ以外の何物でもない。

それも上高地の甘酸っぱい風物詩…。(甘酸っぱい=体臭)


このとき穂高はガスの中だった。いやいや、それでも天気がもってくれてホント助かった。
e0284726_1142463.jpg

シャトルバスに乗り、16時20分、駐車場に帰ってまいりました。
e0284726_11463849.jpg

特に大きな問題も無く、無事に帰ってこれて本当によかったです。





…まあ、いや、なんでもない。




.
[PR]
by moriyart | 2016-08-07 11:38 | 大喰岳