どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その4(丹沢山)

感 想

ヤマビル怖いヤマビル怖いヤマビル怖い…

計画に上がれど登るのを躊躇ってきたこの山、丹沢山。
登る前はネットでヤマビルの事を調べまくり、生態や生息域なんかは一時期メチャメチャ詳しくなった。
万全な防御態勢を整えていった(退治薬品持ってた)が結局姿すら見なかった。それならうれしいはずなんだけど、一匹くらい見たかったというのが本音でもある。(わがまま)

ヤマビルもそうだが、住んでいる地元で見ない生き物に出会うとやっぱり驚く。高山しかいない生き物ならそこでしか逢えないから、オレから見ると幻獣みたいな扱いになる。レアポケモンっぽい。
雷鳥やオコジョ、アカジムグリや今回のヒメオオクワガタもそうだ。次はいったいどんな知らない幻獣に逢えるんだろうか。ちょっと楽しみだ。

山に登ると演習場から聞こえてくる大砲の音なんかも聞こえるのか…と、山で出会えるものは生き物ばかりでは無いんだとも思った。ヘンな雲も、謎の地鳴りも。
そういや帰り道、国道246号の御殿場あたりを走っていると、迷彩服を着てチャリンコを漕いでいる兄ちゃんを見た。仕事帰り?帰宅途中?迷彩服で?
なんだか謎が残ったけどまあ、今日の演習お疲れ様でした。演習の音聞こえてたよー。

今回は大倉の駐車場から蛭ヶ岳までピストンの山行にした。帰路の途中 道を変えて鍋割山経由にすることができる。鍋割山で有名な鍋焼きうどんを、山ガールが食べながらキャッキャうふふしてるのを横で見ながらオレも鍋焼きうどんをウフフしながら食べれたらいいな…とちょっとだけ計画したこともあった。(変態)

でもそのコースにすると28.2kmの道のりと14時間の山行になってしまい、秋の山を優雅に散策する…では無くなってしまう。今回のピストンも24kmの12時間半なのでちょっと無茶といえばそうだ。
だから蛭ヶ岳まで行く人はほとんどいなかったのだろう。やっぱちょっと24kmは多すぎたかな。

よーし、それなら陽の長い夏の時期に朝4時から登ればいいじゃん!

…あれ?

それじゃヤマビルも超ハイシーズンじゃん!
くぅ~…もどかしいなぁ…。
e0284726_755024.jpg

丹沢山  おしまい






.
[PR]
by moriyart | 2016-11-13 07:55 | 丹沢山