どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その8(神津島)

感 想
e0284726_12234614.jpg
(↑Googleの地図でも神津島の浜の綺麗さが充分に確認できる。ホントにすごい!)

伊豆の島々を作るために7人の神様が集って話し合ったのがこの島で、名前の由来だとか。最初は『神集島』だったらしい。
なんと神々しい名前なんだろう。でも島の景色はホントに素晴らしく、名前に引けを取らない まさに神がかった島でした。最近の言葉で言うと『神ってる』←もう古いって

ただ、ほんとに坂が多く、隅々まで歩いて散策するなら一週間くらいの滞在時間が必要だ。一泊程度である程度廻る欲張りプランなら絶対に原チャリが欲しい。車でも自転車でもなく原チャリ。
狭い道でも機動力があり、停める場所も困らず坂道もヘッチャラな原チャリが最強だろう。

一応レンタルバイクもあるのでいつか来るなら今度はそっちを検討しようと誓った。

神津島の人々はあたたかい話し方をする人が多かった。まあ客人慣れしてると言えばそうかもしれないけど、島の人の方から自然に話しかけてくれて、なおかつやわらかい雰囲気なので、会話の後はなんかほんわかした気分になれた。あまり方言が気にならなかったけど、あえて話さないだけなのかな。

島の見どころもたくさんあったけど、メインの露天風呂と赤崎遊歩道が台風の被害による使用不可、通行不可はとても残念だった。でも今はここまで回復しているが、台風通過直後は島全体にとんでもない被害だったに違いない。島の方々が一生懸命ここまで回復してくれたと思えばモンクは言えません。きっとゴールデンウィーク以降のハイシーズンに向けて絶賛回復中だと思いますので陰ながら応援してます。

*********

伊豆七島巡りは今年で三年目で3島目。
神津島へ渡る前までは、今回超メインの天上山に登っちゃうから、今年でもう島を巡るのは終わりにしようか…なんて思っていた。
しかし神津島から帰ってきて感じたのはどれもそれぞれ性格が違って楽しい。だから別の島も見てみたい。やっぱり今年最後にするのはやめよう。そう思ったのであった。
御蔵島や八丈島は東京の港からしか行けないので、下田からのフェリーで行ける島は残り2つ。残念ながら『利島』にはキャンプ場が無く、宿泊するには必ず民宿に泊まらなければならない。なのでオレに残された島は『新島』だけになった。
新島はやや大き目な島なので歩いての散策はちょーっとキツそうだ。ここもレンタサイクルなのか、バイクなのか…まあ、ゆっくり調べますかね。
新島と聞くと20年くらい前によく聞いた名前だったかな…と、なんとなく思い出す。なぜなんだろうとちょっと調べてみたら…

・・・。

…あららそうなんですか。だから若い男女もそうじゃない人も新島へゴーだったんですか。今となってはそれが名誉だったのかはわからないけど、そんなリゾーティな歴史があったんだね。
今はそれが廃れてしまったかもしれないけど、その名残があるのかどうか実際上陸して確かめてみようじゃありませんか(どうやって?)

きっといい島、新島へは、絶対来年行ってやるぞー!


e0284726_1232335.jpg

神津島
おしまい








.
[PR]
by moriyart | 2018-04-07 12:29 | 神津島