どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その3(満観峰)

記 録

活動時間:1時間25分
活動距離:5.89km
高低差:446m
累積標高上り/下り
515m / 515m
カロリー:539kcal
e0284726_17524742.jpg


感 想

急に決まった地元の山の散策。
地元だし里山だからちょっとだけ腕試しをしてみようと、今までの山登りと週末のジョギングの集大成として 無理せず楽しく感じれる程度のスピードハイクをトライしてみた。結果、休憩も含めてコースタイム3時間の半分で下りてくることができた。これで無事ならなんの問題も無いのだが、
コロッと捻挫してるようじゃ山歩きの技術の程度も知れてんじゃ無いのかな?集大成ってなんのですかね?(呆れ)

…山歩きに自信が持てるようになるのは、まだまだずーっと先の様だ…。

山から下りてきた日は足の痛みは無かった。しかし翌日、あまりの痛みに足をひきずって歩かなければならないほどだった。階段を下りることが非常に困難だった。
これがもし、一泊の山行だったとしたら、グラした翌日は大変なことになってしまったことになる。

それならホントにしっかり反省するのであれば、グラしたあとにまだ歩けそうなら、山頂を目指さず すぐに下山をした方がいいんだろう…と、あまりにも当たり前な事を今さら思い知った。

まあ、マイナスな事はほどほどにして、

静岡の山は山頂から海が近くに見えるので、低山でも本場アルプス(北や南)に負けない景観の良さがある。山深い北アルプスは、どこまでも折り重なる山々が見えるが、見えるのは山ばっかである。(いやそこまででもないけどさ)
静岡の山は、山と平野と海がセットで見れるので、ここが静岡の山の強みだ。しかも景色に富士山がミックスされるので、もう最強なのである。

今度は浜当目の海岸の『虚空蔵山』から登り、稜線を経て満観峰や高草山を縦走する『焼津アルプス』の大縦走をやってみようと決意した。
まあ、低山だから秋か冬にやらないと暑いわ虫がすごいわで無理だと思うから寒くなるまでのお楽しみとします。



つい最近、友達の『9』と電話で話した時に、高校の遠足で登った山が満観峰だったというのを聞いて、”ああ!そうか、どの山だったか忘れてたよ”と懐かしい記憶がよみがえった。
言われてみれば、そうだそうだ!帰りは駅まで歩いて電車に乗って帰ったっけ。

あの頃はやる気が無かったし、山を歩くなんてアホらしかったから、山の名前なんか覚える気が無かったよ…。思い出すのは登りながら友達とジャレてゲームとJOJOの話をしてたくらいだったような気がする。
まさか数十年後に山が好きになって、もう一度登り返すだなんて本人ですらわからなかったからさ。

とは言ったが、実は10年近く前に仕事でこの山に登っている。

『わが社の名が入った備品が山頂に放置されているという電話がきたので回収してきてはくれないか?』
そんな指令を受けて先輩と二人で雨の日に作業車で向かったことがあった。今思えば農道を2トンロングトラックで、よく走る気になったもんだと若かりし頃の自分を今になって褒めた。
満観峰の裾野を縦横無尽に走る農道をできるだけ山頂に近い所まで登り、そこから徒歩で山頂に上がった。その日は雨が降っていて、分厚い雨合羽と長靴を履いて登ったのだ。

山頂に着いたとたん、あまりの疲労に先輩が東屋のベンチに仰向けに倒れ込んだ。
オレは景色を眺めるも、雨で霧が出ているので全く景色なんて望めなかった。

帰りは抱えるほど大きい備品3つを持ち、雨で滑る登山道を苦労しながら下りてきた苦い記憶が蘇った。そんな山だったのである。

それも今となっては良い思い出である。


地元の低山、やっぱりナメちゃいかんね。見直さないと。それなら実家の裏山に久しぶりに登ってみようかな。
虫と藪がすんごそうで、思った瞬間”うへぇ…”となった。
e0284726_1752466.jpg

満観峰
おしまい











.
by moriyart | 2018-05-28 18:39 | 焼津アルプス