人気ブログランキング |

どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

その6(燕岳)

記 録

活動時間:7時間56分
活動距離:10.86km
高低差:1,313m
累積標高上り/下り
1,454m / 1,433m
カロリー:2459kcal
e0284726_15115019.jpg


感 想

やはり北アルプスは別格だった。(前にもおんなじこと書いたな)
その山の姿もすばらしいが、山頂から見える景色もスバラシ過ぎる。
山頂で誰かと軽く話すと必ず『すばらしい』『来て良かった』の言葉が出てくる。ホントにそのとおりだ。静岡から麓までの道のりのダルさと、麓から山頂までの苦しさを一瞬で帳消しにしてくれる力が、この景色にはある。自力で歩いてきたからこそ感動もひとしおなんだろう。

この山の『合戦尾根』は北アルプスの『三大急登』と言われている。
登ってみた感想は、『うーんそこまででもないかなぁ…』だった。もっとキツい急登は別の山にあったような気もするし。 まあ、急登って聞いてたから構えすぎてたのかもしれないしね。どっちにしろ楽じゃないのは確かかな。

最初の計画では、12時間以上行動して大天井岳まで行って帰ってくる予定だった。
トレランやスピードハイクで慣れている人じゃなきゃできない(というかやらない)無茶をやろうとしていたことに少し反省をした。怪我をするか、膝を悪くしそうだし、疲れて集中力が途切れて事故でも起こせば『それ見たことか』と口をそろえて皆に言われるのは火を見るより明らかなのである。

断念した直後は残念な気持ちでいっぱいだったが、北燕岳山頂からの景色をボーっと見ていたら『やめてよかった』と心の底から思えた。時間に余裕ができたから山頂でゆっくりできたしね。山荘も含めて山頂付近でこんなにもゆっくり滞在したのって、もしかしたら『北岳』以来かも。合戦小屋のスイカも食べたし。
今度はテントを担いでゆっくり来たいかな。大天井はその時か、または常念岳とセットで行こう。せめてあと10年はこの趣味を続けたいから いつかのお楽しみとしてだいじに温めておきます。


あー…ホントは今回が大天井と燕のセットのテン泊だったんだよなぁ…。今期の計画ではね。

今年はそんな年なのか…まあしゃーない。

※これは とある球団マスコットのフリップ芸をもじったモノです。『 』はフリップに書かれた文字です

ツバク○ウ『家族を放置して登る山は楽しいか?』ペラ←めくる音
ツバク○ウ『人生という山登りで今は上り調子ってか』ペラ
ツバク○ウ『登り切ったらあとは下るだけ』ペラ
ツバク○ウ『熟年離婚待ったナシだな』ペラ

辛辣ぅうう!
e0284726_1513411.jpg

燕岳
おしまい

by moriyart | 2018-08-14 15:16 | 燕岳