人気ブログランキング |

どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

カテゴリ:大菩薩嶺( 3 )

その3(大菩薩嶺)

感想

出発までこんなに悩んだのは初めてだった。せっかく遠いところを何時間もかけて行くのに諦めて帰ってくるのはもったいない。いや、それならいい。凍結路面で交通事故を起こしたり、山の上で凍結で滑ってケガをしたりすればあまりにもバカバカしい。山岳遭難って他のレジャーより同情されにくい様な気もする。『わざわざ危険な所を自ら行くなんてバカじゃん』なんて言葉をよく聞くし…。

でも行ってよかったです。
用心に用心を重ねた準備。奇跡とも言える穏やか過ぎる天候。無風というのが大きかった。雪も少なくて道の状態もほぼ夏山と同じ。

ただ、これらは”たまたま”なだけで一つでも悪条件ならばこんなに楽しめなかったかもしれない。運が良かったと言っていいのかわからないが、大菩薩嶺の菩薩様が微笑んでくれたんだろう、きっとね。

オレが山から下りてきた次の日の夜、全国的に大雪が降りました。ここ大菩薩嶺も深い雪に埋もれたでしょう。一晩違うだけで もうオレの車で麓に近付く事も、オレの山装備で登る事もできなくなりました。
菩薩様、本当にありがとうございました。

おそらく近隣の山々も全て雪に覆われたハズのなので雪解けまでオレの山登りは一旦お休みになると思います。でも真っ白く雪に覆われた大菩薩嶺も、実はすごく気になるなぁ。

雪が降ってからこの山に登って記録を残している人がいるか気になって『YAMAP』と『ヤマレコ』の方をのぞいてみた。積雪後の記録は無かったが、同じ日に登った人の記録が『ヤマレコ』の方にアップされていた。オレよりか1時間あとに同じルートで登り始めた人だ。

なんと数枚アップされた写真の中に雪だるまのダイボくんの写真があった。
『誰かが作った雪だるまが(山頂標識の)隣にw』というコメントをいただきました。
やったぜダイボくん、このブログ以外でもWEBデビューできたじゃん。これからも鼻のデカさを発信してください。おとーちゃんは陰ながら応援してます。

よそ様の記録ページのダイボくんの画像を我が子を見る目でもう一度確認してハッと気がつく。

…ダイボくん、下山方面に向けて置いてきたんだけど、画像では標識と同じ方向を向いてる。
もしかしてダイボくん、意思を持ったか?

はっ!まさか菩薩さまが・・・・!
ははぁー!(ひれ伏す)
e0284726_0292127.jpg

大菩薩嶺
おしまい







.
by moriyart | 2016-01-19 00:31 | 大菩薩嶺

その2(大菩薩嶺)

おや?あの木柱はもしや…
e0284726_23442581.jpg

午前9時半、大菩薩嶺山頂に到着。
e0284726_23444519.jpg

じっみー!ホント地味だ。わかっていたんだけど、山頂からの展望は無い。

とりあえず基準点にタッチ。
e0284726_2345952.jpg

そして山頂標識を撮ろうとしたら
e0284726_23452286.jpg

後続のおっちゃんフレームイン…(^^;)
そして撮り直し。
e0284726_23453088.jpg


麓から山頂まで出合った人はこのおっちゃんただ一人だけなのでいろいろと話した。
どうやら山屋さんみたいで道なき道を登ってきたみたいだ。GPSロガーを持っている。
せっかくなので撮っていただきました。
e0284726_23454746.jpg

その後、この山は展望は無いのか?と聞かれたので、この先に一気に開ける場所があって景色がいいみたいですよと答えれば、『よし、行ってみるか』とおっちゃん。

オレはというと、せっかく雪のある場所に久しぶりに来たのでしゃがんで雪を集めて丸め出した。乾燥した雪なので丸く固まらない。仕方ないので手袋を外して体温で溶かしながら団子を作る。
『手ぇ冷たいでしょ~?』
顔を上げるとさっきのおっちゃんがまだこの場所に残っていた。
『雪だるまを作るんかい?』
ズバリそのとおりなんだけど四十越えたオッサンが雪だるま作るなんてちょっと恥ずかしい。見ーたーなー!
なんかニコニコあったかいまなざしを投げかけてくれている。

できた!
大菩薩嶺のダイボくんと名付けよう。
e0284726_234622100.jpg

石柱に乗せ、写真を撮っていると、『一緒に撮ってあげるよ』とおっちゃん。
お言葉に甘えました。
e0284726_23463180.jpg

このダイボくん、鼻が親に似ず小さい。こりゃいかん、もっと大きい鼻を付けないと。
そう思って林の方へ太い枝を取りに行った時、『カシャ、カシャ』とシャッターを切る音が聞こえた。

フフッ…おっちゃん、ダイボくんに冬の風情を感じたか、あまりの可愛さに愛おしくなったか…(ニヤニヤ)
もぉ~欲しがりさんなんだからぁ~

調子に乗りすぎました、サーセン

鼻を整形してダイボくん完成。
e0284726_2346562.jpg

今日からこの石柱にて皆さまをお待ちしております。
e0284726_2347153.jpg

20分ほど滞在してから先に進んだ。
10分ほど歩くと一気に視界が開けた。
e0284726_2347947.jpg

こりゃ見事だ。
雷岩に腰掛けてしばし景色を堪能した。空気が澄んでるので遠くまで見える。
e0284726_23473180.jpg

富士山
e0284726_23473845.jpg

甲府盆地一帯がすべて見下ろせる。こーれーはすげーぞー。
e0284726_23474779.jpg

南アルプス、奥秩父山塊の山々も見える。
あの山の上のポッツンは間違いなく金峰山の五丈石だろう。
e0284726_2348970.jpg

e0284726_23481964.jpg

後ろを見れば見事な樹氷。
e0284726_23483765.jpg

白と青が超いい感じ。
e0284726_23484369.jpg

えびのしっぽもありました。
e0284726_23485097.jpg

e0284726_23485984.jpg

ホントはペットボトルが凍てつく程めちゃめちゃ寒いはずなんだけど、無風なのとぽかぽか日差しで全然寒くない。雷岩の上で休憩した。
e0284726_23491559.jpg

ずいぶん前に買った山専用水筒。13時間前にお湯を入れてきたのだが、まだめちゃめちゃ熱かった。こりゃたまげた。いつもは火器で湯を沸かすのだが今日はメンドイので水筒にした。この保温能力なら充分過ぎるほどだ。

30分ほど休憩して下る。振り返るとスカっと山頂。山頂よりも少し下ったところの方が断然景色がいい。
e0284726_23493167.jpg

もう少し下ったところにある『賽ノ河原』。そこに避難小屋があったので中を見させてもらった。
e0284726_23493881.jpg

e0284726_23494978.jpg

けっこうしっかりした造りだ。寝袋を持ってくれば充分過ぎるほど快適だろう。まあ、貸切になれるのは滅多に無さそうだけどね。
でもここを寝床の拠点にして夜、酒とつまみを持ってさっきの雷岩まで登って甲府盆地一帯の夜景を見たら、あまりの綺麗さに 
きっとおしっこ漏らしちゃうだろうなぁ…。(なんで)

いつかぜったいやろう。

もう少し下ると山小屋が見えてきた。
e0284726_2350326.jpg

e0284726_2350182.jpg

ここでトイレを借りたんだけど、山小屋によくあるお金を入れるところが無い。
e0284726_23504415.jpg

まさか無料なのか!すげぇ、ありがたい。そしていろんな土産物が売ってるのだが全体的に安い。なのでここで大菩薩嶺の山バッジを買おう。
e0284726_23505768.jpg

1番から10番まで10種類もある。いや、それ以上だ。どれにしようかな。9番なんかカッコイイじゃん。人差し指を口に当てて選んでいれば、『10番が一番人気みたいだよ』と、山頂で会ったおっちゃんが声をかけてきた。まさかの再会だ。おっちゃんは奥の席でカップラーメンを注文していた。『10番はわたしも買いましたので』
そう言われると、じゃ違うのを~なんて言いづらい。『ほんじゃ、僕も10番にします』と小市民なオレ。ま、悪くないし いいか。

介山荘オリジナル。
e0284726_23511698.jpg

カラフルで豪華だ。こういう凝ったヤツって大概800円以上なんだけどやっぱり安いぞ500円。

すごいなぁ太っ腹だなぁと感心しながら山荘を後にすると、山荘の裏には車が停まっていた。
あ!そうか、業者の車はここまで来れるのか。ヘリによる荷揚げじゃないから輸送コストが安くなって それで安価で種類も多いのか。ナットク。

トイレが無料なのと土産類の値段がやすい理由を理解して山荘を出発。この頃から登ってくる人によく会う様になった。
e0284726_23512923.jpg

介山荘から先の下りは荷揚げの車が通れるほどの道。広くてなだらか。
e0284726_23514498.jpg

なーるほど、大菩薩嶺が雪山の入門山と言われる理由がコレか。この広さこの傾斜ならスノーシューやワカン初心者でも怖くないかもしれない。ってか、雪全然積もってないけどね。

途中沢があったが、凍りついていた。
e0284726_2352699.jpg

つま先でコツコツつついてみた。固そうだが乗ってみるというアホ行為はやめておいた。何が起こるかわかりきっているからね。
氷の下を水が流れている。透明な氷に透けて見えるので不思議な感じだ。
e0284726_23521624.jpg



さらに下って11時半、福ちゃん荘。
営業していない様だ。
e0284726_23522367.jpg

入り口の看板にこう記してあった。それは大そうな事で。
e0284726_23522913.jpg

テン場もあった。一張りも幕営してなかった。
e0284726_23523551.jpg

12時、ロッジ長兵衛。ハラ減った。
e0284726_23524187.jpg

テン場のベンチを借りて昼めしにした。
e0284726_23525265.jpg

おにぎりがどうやらザックの中で凍って融けたらしく、パッサパサになってておいしくない。恐るべし山頂の気温。そしてカップラーメン。お湯は15時間前に水筒に入れたもの。果たしてラーメンは作れるのか!?
結果としては作れました。猫舌の人がちょうど食べれるくらいの温度で これなら充分あったかいラーメンと言える。この水筒マジですごい。アマゾンのレビューでベタ褒めされてるのもナットクだ。日帰りのジェットボイルがいらなくなるかな。いやでもなぁ、アッツアツもいいんだよなあ。まあ、その時そのときで使い分けよう。

ロッジの洗い場も凍てついていた。ここもそんなに寒いのか…。
e0284726_2353454.jpg

ロッジを出発。見上げると雷岩の近くが見える。もうこんなに下ってきたのか。
e0284726_23531410.jpg

ところどころ落ち葉が深い。膝下あたりまであるところもあった。
e0284726_23532879.jpg

落ち葉のしたにある動く石に乗って軽く足を挫いてしまった。

車道に出ると自撮りポイントのカーブミラー。
e0284726_23533953.jpg

ネットでの画像はみんなわいわいグループで。オレは寂しくアローンです。

閉鎖ゲート前の駐車場はほぼ満車になっていた。
e0284726_23534820.jpg

そして13時、駐車場へ戻ってきた。お疲れさまでした。
e0284726_23541459.jpg

朝は-3℃だったけど、今は6℃。地元だと6℃って寒いんだけど やけに暖かく感じた。
e0284726_23542367.jpg


帰り道にある『大菩薩の湯』に寄ろうかと思ったが、ちょっとお高めだったので、ちょっと離れたところにある『天空の湯』に寄った。
e0284726_23543216.jpg

露天風呂からは『白峰三山』『鳳凰三山』『甲斐駒』『金峰山』『甲武信ヶ岳』など知ってる山、登った山がたくさん見えて非常に感慨深くなった。また登りたいなぁ。

帰り道、朝霧高原の道の駅から見えた富士山。
西日に照らされて岩の陰影がハッキリ見える。視界いっぱいに見える富士山になんだか泣きそうになるほどの感動にふるえた。 それと同時に もしこれが噴火したら人間の力ではどうにもならないという絶対的な敗北感も覚えた。霊峰だなぁ…。
e0284726_064782.jpg

by moriyart | 2016-01-18 23:54 | 大菩薩嶺

大菩薩嶺

今まで登った山はだいたいは『○○山』または『☆☆岳』だった。例外として『霧ヶ峰』『美ヶ原』はあった。しかしこれらは高原。そして今回登る山は『大菩薩嶺』。
嶺?
どんな意味があるのかちょっとだけ調べてみた。嶺という字は山の領と書く。領の意味は『襟首』だったり『ひざまずく』だったりなので山頂より一段低い意味を持つのだという。なので嶺は山頂より低い部分、いわば肩の辺りだそうだ。

ふーんそうなんだ…としか言えないけど、嶺という字、なんかカッコイイ。そういや『高嶺の花』ってこの字だったよなたしか。『ダイボサツレイ』という響きもええな。オジサン気に入った!

駐車場と思わしき場所には深夜に到着した。冬山でも混むときがあると聞いたので あえて深夜到着にしたのだが、自分の車以外は停まっていない。仕方ないので仮眠をとる。
e0284726_2328238.jpg

だがしかし、あまりの寒さに目が覚める。目の前の電光掲示板の示す気温は氷点下3℃。
e0284726_23283660.jpg

7時に起きようかと思っていたが、寒くて眠れないので早めに起きて仕度を始める。

冬で無ければ、もっと登山口ギリギリまで車で行けるのだが、残念ながら冬季閉鎖だ。
e0284726_23285495.jpg

午前6時半、出発。
誰もいない道路を歩いていく。
e0284726_2329217.jpg

少し歩くと冬季閉鎖のゲートに到着。
e0284726_2329143.jpg

そしてすぐ脇に駐車場があった。あちゃー15分歩く位損しちゃった。ま、いいか。停めたとこもちゃんとした駐車場だったし、こっちの駐車場凍結してるし。
e0284726_23292227.jpg

メジャーなルートはこのゲートを越えて行くのだが、思うところあって丸川峠経由で向かう事にした。
e0284726_23293816.jpg

雪なのか、霜なのか…。うっすら白く積もった林道を登っていく。
自分、真冬の装備は持っていない。秋までの服装に1枚2枚足して着ている。それでダメならさらに着込めるように予備の上着を持ってきている。そしてとうとうダメなら早期撤退をしよう。絶対に無理しない、そう決めてきた。
e0284726_23295415.jpg

麓の気温は-3℃。天気予報じゃ山頂は-10℃くらいまで下がるとの事。稜線などに出て、強風でもふいていた場合、この服装でどこまで耐えられるかわからない。
いっそのことスキーウェアでも着てくれば最強なんだけど 動きづらそうだしアホみたいなのでやめた。

車が通れるくらいの幅の道はここまで。これより先は登山道になります。
e0284726_2330593.jpg

落ち葉が積もったよく見る登山道だ。
e0284726_23301993.jpg

木々の間から向かいの山が見える。山間から登った朝日に照らされている。
e0284726_2330265.jpg

両側がわりと切れ落ちた痩せ尾根もあった。
e0284726_23303255.jpg

山頂付近の木々が真っ白なんだけど、やっぱ異世界なのだろうか。
e0284726_2330454.jpg

そういや、寒くない。あれ?暑いんだけど。
寒い寒い、寒いはずだと思い込んでいたんだけど、我に返ってみれば思いっきり暑い。ウインドブレーカを脱ぎ、ネックウォーマーを剥ぎ、二重の手袋もインナーのみにしたのだが、まだ暑い。最終的にはニット帽も脱いで恥ずかしい頭を晒して歩いた。

気温が低いので吐く息が白くなりそうなのだが、乾燥しているのか白い息が出ない。

e0284726_23324714.jpg

霜なのか雪なのかわからないが新しく積もった後に初めて歩くのはオレだ。オレ以外の足跡は無い。

…と、言いたいところだが、オレよりかちょっと前に歩いていたと思われる足跡が出てきた。まあ、人間じゃないんだけどね。何の生き物なのかな~?
e0284726_2331740.jpg

鹿かな?
e0284726_23323079.jpg

そう思っていれば静寂な山に突然変わった音が響く。『ト』と『コ』の中間の様な音でコココココココと、高速で繰り返す。鳴き声?なんの?
何の音かわからないとハッキリ言って恐怖だ。ちょっとだけ戦慄が走る。
そしてカーブの先が見えない状態で、もんのすごい近くでこの声なのか音が聞こえた。

(うわ!やっべー、5メートル以内にいる)

心臓がバクバク高速に鼓動している。まずい事に極細の登山道で両側が切れ落ちている。何かが飛び出してきたらビックリして滑落しそうだし、助けてくれる人もいない。
気配を消して耳を澄まし、どこに何がいるのかそれがいったい何なのか知る為に五感すべてをフル動員した。(味覚はなにに使うんだよ…)

視界の上~~の方に何か動く気配。見上げると鳥が動いている。まさか、コイツ?
ハトよりちょっと小さめであんまり見たこと無い。動きがトリッキーだ。(鳥だけに)
もーしかしたらキツツキか?さっきの声の様な連続音ってつついてる音なのか?

気配を殺して上目でその鳥を見つめ、心の中で(つつけーつつけー)と念じていた。


コッ…ココッ…

ココココココココココココココ!


おまえかーーい!


思わず声を上げて、さらに手を振り上げてツッコミを入れた。
くだらん緊張して体力を30分ぶんくらい消耗しちゃったわ。キツツキの音として聞けば木をつついてる音に聞こえるが、それがわからないと本気で何の音かわからない。
動物番組でたまに聞く野生動物の警戒している鳴き声にも聞こえたからだ。
ま、言い訳なんだけどね。だれかに見られてたら笑われたんだろうなぁ。

8時20分、丸川荘に到着。
e0284726_23315074.jpg

e0284726_2333576.jpg

木々についた霧氷が針の様でキレイだった。
e0284726_23332951.jpg

その先の上り坂で霧氷の向こうから太陽に照らされて幻想的な景色でうっとりした。
e0284726_23333982.jpg

丸川荘を越えたあたりから空気がキンと締まってきた。山の空気が本気を出してきたようだ。上り坂で体はちょっと暑いが耳が痛くなってきた。ニット帽を再び出して、耳を寂しい頭と共に隠した。
積もっている雪も厚みを増してきたが、靴のグリップがよく効いて滑る気配が無い。軽アイゼンを持ってきたが必要は無さそうだ。ありがたい。
e0284726_23335439.jpg

e0284726_23341088.jpg

空気がメチャメチャ乾燥しているので喉が渇く。肩ベルトに付いているボトルホルダーからお茶のペットを外して飲んだ。

うわー凍ってるー!

お茶ペットの中身にシャーベット状の氷が混じっていた。スンゲェな、歩いているからチャプチャプしてるはずなんだけどそれでも凍るなんて。しかも保冷バッグ状なので外気の寒さから守ってくれてるハズなのに。

ペットボトルを指でペコペコ押すと内側の氷の膜がパラパラ剥がれてお茶の中に落ちて行く。そして一度ボトルを逆さまにして元に戻すとボトルの内側に付いたお茶がゆっくりと凍っていくのがわかる。

…ってか、どんだけ気温が低いんだよ

動いて体温が上がってるからわからないだけで、実はもんのすごい寒いんだろう。予報どおり氷点下10℃くらいなのか? でも陽も出て無風なので体感温度が思ったより高めだ。
e0284726_23342466.jpg

by moriyart | 2016-01-18 23:34 | 大菩薩嶺