人気ブログランキング |

どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

カテゴリ:沼津アルプス( 4 )

その4(沼津アルプス)

感 想

完全にナメてました。いや、小馬鹿にしてました。ホントすんません!
山の良さは標高じゃない!
そんなのあたり前なんだけど、心のどこかで”標高の高い方が見晴らしがいい”、”高い方が非日常の景色だ”なんて思ってただろう。
ここ沼津アルプスの中で一番標高が高い鷲頭山でも400メートルを切る高さだ。地元の『高草山』でも500メートルある。
こんなに低いのに本場アルプスに引けをとらないのは『海と富士山と街並み』がすべて混ざった不思議な景色のせいであろう。
本場アルプスからはここまで海を近くに感じながら山歩きはできない。低山ゆえにだろう。そして標高が低いから都会の街並みを見下ろしながら歩ける。目を凝らせば人の動きさえも見ることができた。
そして何よりも、東西に大きくすそ野を広げた富士山の存在でしょう。この景色が見事過ぎて泣きそうになった。

いやぁ、見直した!静岡県の名山にぜひ指定してほしいよ、ホント。

『登山届?あ、ええわええわ。低い山だしハイキングみたいなもん。いらんいらん』

カミさんにそう言って出てきたけど、これも猛省してます。一人だけで行動しているので どんなことで行動不能になるのかもわからないしね。猪に襲われずにすんだけど、あれだけの数に襲われたらホントに食べられちゃいそうな怖さがあった。プチ断崖もあったし、標高なんかで判断してはダメというのをしっかり学びました。

機関銃の銃座があったり、三位中将重衡(平清盛の五男)が隠れ住んだあとに切腹した場所があるなど 歴史も多くある山というのも学んだ。



またいつかもう一度縦走しよう。
でも標高低いし、海のすぐ近くだから盛夏に歩いたら暑すぎて死にそうになるかも。やっぱり登山届必須の山だわ。
また冬だな。ホント登って良かった。
e0284726_17261657.jpg

沼津アルプス  
おしまい






.
by moriyart | 2017-01-07 17:24 | 沼津アルプス

その3(沼津アルプス)

11時20分、3つ目の山『徳倉山』に到着。
e0284726_16565953.jpg

なんかね、どの山頂もいちいち広くて笑ってしまう。北アなんかの狭くて居場所のほとんどない山頂の山が幾つもある中で、これだけ広いと場所取り合戦がなさそうで平和だ。ゆるい!ゆるいぞ沼津アルプス!おじさんそういうの大好きだ。
e0284726_16571427.jpg

さらに進んで11時55分、『横山』に到着。4つ目。
e0284726_16572291.jpg

そろそろちょっとだけ飽きてきたかな。縦走路の残る山はあと一つ。
横山を過ぎてからどんどん下っていく。そしてついに…
e0284726_16573324.jpg

道が見えたと思ったら山を下りてしまった。あれ?あれ?終了?
いやいや、山と山の間に道が横切っていたのだ。
e0284726_16574426.jpg

その道を120メートルほど歩いて隣の山の登山道入り口まで行く。
往来する車の運転手がちらりとオレを見て通り過ぎていく。『正月から山登りたぁご苦労なこった』なーんて思ってるのだろうか。

そして最後の山の登山口を発見。
e0284726_165756100.jpg

車道を登り、ゴルフ練習場の横を通って登る。
e0284726_16581169.jpg

登りきったところに展望台があったので行ってみる。
e0284726_16581923.jpg

12時40分、沼津アルプス縦走最後の山『香貫山』に到着。
e0284726_16582593.jpg
展望台から見た景色は『すんげー!』の一言。
e0284726_16583846.jpg

e0284726_16584971.jpg
やっぱり愛鷹山の上の雲が富士山をブラインドしている。おしい!ホントおしい!

香貫山の高さは193メートルしかない。南アルプス北岳の3193メートルの端数分しかない。
なのにどうして北岳からの眺めにも引けを取らないほどの絶景なのか。
たぶん鳥の目線と同じバードビューだから視界いっぱいに広がる街が壮大に見えるのか。きっと3000メートルオーバーから見た街は小さくひと塊にしか見えないから、ここまでの広がり感は出ないのであろう。
e0284726_16592146.jpg

このお兄さんの様にいつまでも眺めていたい気分になる。
ここからの夜景は凄いハズだ。見たらおしっこ漏らしそう。
きっとここは絶対夜景のスポットに違いないと鼻息荒く調べてみたら、あたり前の様に夜景スポットの紹介をされていた。
ただ、東方面は伊豆半島側になるので、海から登る初日の出は見れないかも。でも朝日に染まる富士山を見れそうだ。


南の方角を見ると、今まで縦走してきた山々を確認することができる。
e0284726_16593163.jpg

すこし目線を下げると朝に車を停めてきた山腹の駐車場が見える。
e0284726_171952.jpg

あの五重の塔が何よりの目印だ。木々の間からチラリと見えているあの白色はたぶんオレの車だろう。

車道の様な道を歩いて行く。
e0284726_1712324.jpg

標高がぐんぐん下がり、奥行きのある街の景色が次第に平面に寝ていく。

そして13時、駐車場へ帰ってきました。
e0284726_1713363.jpg
駐車場はこの山に来たお客さんの車で満車になっているかと思えば割と閑散としていた。山で逢ったみんなは公共の機関を使ったのかな。


とりあえずお疲れさまでした。




.
by moriyart | 2017-01-07 17:01 | 沼津アルプス

その2(沼津アルプス)

見上げると空が見える。どうやら尾根筋に出られたようだ。
e0284726_16445699.jpg

よかったー。
e0284726_06500499.jpg
とりあえず最初の山『大平山』へ向かう。途中、ロープ場があった。
e0284726_16463496.jpg

そこを登り切ってからしばらく歩くと、まさかの…
e0284726_1646469.jpg

多比バス停からの登山道があった。ここが正解だ!やっぱりオレが登ってきたあの道は普通の登山道ではなかったらしい。やっちまったぁ。
最初っからずっと間違ってたんだろうなぁ…やっぱアホだオレ。悲しすぎにも保土ヶ谷バイパスだ。
ルートファインディングがまるっきりダメだな。最初の時点で”なんかおかしい”ってわかってたのに続行するんだもん、ホントだめだわ。
しゃーねーしゃーねー、切り替えていこう(のん気)

木々の間から富士山が見えた。
e0284726_164773.jpg

富士山の手前に愛鷹山が重なっている。
e0284726_16471396.jpg

愛鷹山の上には雲がかかり、富士山を軽くブラインドしている。
おしい!海からの湿った風が愛鷹山を登って雲を作っているのかな。

もうしばらく歩いて一つ目の山『大平山』に9時到着。
e0284726_16472642.jpg

わりと広いけど展望があまりない。
e0284726_16474445.jpg

山頂標識の裏側の板に『沼アのハイライト ときめきの…岩尾根』なんて書いてあった。ニヤニヤしながら書いたんだろうなぁ。
e0284726_16475143.jpg

来た道を戻り、『鷲頭山』へ向かう。途中、その鷲頭山が見えるポイントがあった。
e0284726_16475873.jpg

そして『ときめきの岩尾根』を歩く。ま、たしかに今まで土だったからちょっとだけときめいたかも。
e0284726_16481599.jpg

岩に『⇔』なんて書いてあって それこそなんかアルプスの登山道っぽい。
e0284726_16482787.jpg

痩せ尾根があった。
e0284726_16484659.jpg

尾根の片側が切れ落ちていた。ほぼ垂直の断崖だった。下が土なので死ななそうだけど確実に怪我はしそうだ。
アレ?あれ?この山ちょっと小バカにしてたけど、実は地味に危ない所アリなのか?
e0284726_16491686.jpg

岩むき出しの尾根なんだけど、わずかな土の部分に根を張る木々の逞しさにただ感動する。
e0284726_1649638.jpg


急にひらけた場所に出た。
e0284726_16492766.jpg

9時30分、二つ目の山 沼津アルプス最高峰『鷲頭山』に到着。

e0284726_16493747.jpg

ここの山頂もけっこう広い。この山頂から他のハイカーと会う様になってきた。若者二人組が休んでいた。
お腹が空いたので、菓子パンとおにぎり一つを食べた。

まだまだ先が長いのですぐ出発。
すぐに『小鷲頭山』に到着。
e0284726_16495657.jpg

景色がきれいだったのでパシャパシャ写真を撮っていたら、すぐ脇に何かロープで囲ってある中に立て看板があったので読んでみたら、『本三位中将 平重衡 終焉切腹乃場』と書いてあった。
あぶねー切腹した場所を撮る寸前だったわ。オカルトは信じたくないけど、自殺や切腹の場所の撮影はさすがに控えたい。

海と街と富士山がいいかんじ。愛鷹山の上の雲がホントおしいなー。
e0284726_1650237.jpg

途中の尾根上にもひらけた場所があって海を見下ろせることができた。
e0284726_16503490.jpg

ええ景色やー。
e0284726_16505033.jpg

じいちゃんばあちゃんが宴会をしていた。今日は風もなく暖かいから最高だね。
e0284726_1651229.jpg

そこから見上げる鷲頭山と小鷲頭山。
e0284726_16511136.jpg

ひらけたかと思えば林の中に入ったりもする。落ち葉が厚く積もっていて、ふかふかで歩いていて気持ちがいい。
e0284726_16514472.jpg

e0284726_1651563.jpg

その先にあった看板。
e0284726_16513755.jpg

街に向かって飛んできたB29をこの山の上で撃ち落とそうとしたその名残の穴らしい。
e0284726_1652781.jpg

そう聞いてないと ただの穴にしか見えない。横穴もあるらしく、崩落の恐れがあるので立ち入り禁止になっていた。


なーんか広い所に出たなと思ったら、
e0284726_16521826.jpg





.
by moriyart | 2017-01-07 16:52 | 沼津アルプス

沼津アルプス

去年の三が日に『天城山』に登った。

別にわざわざ今年も正月に登らなくてもいいんだけれども、家族もなんか『どうせお父さん山行くんでしょ』みたいな雰囲気になっているので、オレ自身もその気になってみた。どうせいてもゴロゴロしてるだけだし。昨日までのごちそう週間の食べ過ぎでだらしない体をメンテナンスしないとね。おなか回りが溶けかかったソフトクリームみたいにベルトに乗っちゃってるし。

ではどこへ行こう。高い山は寒いし雪が積もってそうだし、できれば気軽にサクッと行きたいし。
そう思って最初に目的地に設定したのは『金時山』だった。でも少し調べるうちに金時山の山行時間は3時間程度しか無さそうなのに気が付いた。ヘタすりゃ2時間くらいしかないかもしれない。
ちょっと物足りないなぁ…。
3時間でも充分なんだけど、できれば5時間くらい歩けたらいいなぁ…。そう調べていくうちに、ふと過去にどこかで聞いた山の名を思い出した。
それが『沼津アルプス』だった。
○○アルプスって日本中どこにもあるらしいが、本場南北アルプスには到底かなわないだろうなんて正直小馬鹿にしてしまっている自分がいた。
複数の山が連なっているため、縦走ができる。すべての山を縦走すると6時間かかるそうだ。
お!ちょうどいいじゃん!
そんな理由であっさりとこの沼津アルプスに決定したのである。


今年はさすがに三が日からは外れたけれど、正月気分も抜けない四日にここへ来た。
朝の4時に起きて簡単に支度をして沼津へ向かったが、案外沼津が近くて このままでは真っ暗なうちに到着しそうなので途中のコンビニでけっこう時間をつぶしたのを覚えている。


何軒かコンビニに寄って時間をつぶし、6時半ころに香貫山の山腹にある駐車場に到着した。
e0284726_16215146.jpg

朝の散歩で歩いている人が多い。近所の人ばかりだ。姿格好が寝巻の様な普段着だし。
オレの格好はバッチリ山々はしてないんでけど、背負ってるザックが『山登りです!』と主張しているので、ちょっと恥ずかしい。

沼津アルプスを縦走すると6時間かかる。周回コースは無い。なので同じルートを往復するのは現実的ではない。でもありがたいことに沼津アルプスをぐるっと囲むようにあちこちにバス停があるので最初の場所にはバスを使って戻ってこれる、かなり便利な立地条件だったのである。

オレの予定ではここの駐車場から縦走していき、最後の大平山まで行って下山後バスに乗る。という計画を立てていた。

空を見上げると少し雲が広がっている。このままここから出発すると、富士山が見える山を歩いている時に肝心の富士山が雲に覆われていて、後半の富士山が見えにくくなる角度になった時に晴れそうな雰囲気の空だ。
だったらスタートとゴールを逆にしてみよう。
最初にバスに乗って大平山の登山口に下車し、そこから縦走して自分の車に帰ってくる方法に変更してみよう。ホントに急遽の変更であった。

赤線が徒歩、青線がバス路線
e0284726_162417.jpg

山腹の駐車場から広い山道を歩いて下っていく。途中、地元の人達とすれ違う。ウォーキングの人だったり、犬の散歩だったり。みなさんの格好とオレのザックを背負っている格好のギャップになんだかちょっと恥ずかしかった。

山を下るといよいよ住宅街。
e0284726_16251885.jpg

なおさら恥ずかしくなってきた。沼津駅からそんなに遠くないし、すぐそこに市役所と裁判所があるから街中と言ってもいいだろう。

国道414号の大通りまで出てきた。
e0284726_16253055.jpg

『裁判所前』の停留所から乗るつもりが一つ北側の『市役所前』まで来てしまった。同じ路線だから別にいいが、急な変更で何時何分にバスが来るのか調べてないから少し心配になった。
停留所の時刻表を見たら、ここからは3つの路線があるようだ。
え!どれに乗ればいいんだろう…。
最初の予定では帰路にバスを使う予定だったので、『沼津駅行き』に乗れば間違いなく帰ってこれるのはわかっていた。しかし逆向きになると何処行きに乗ればいいのかを調べていなかった。
路線別の時刻表をながめている時にバスが来てしまい、バス停に一人しかいないオレの姿に気が付いたのか減速し始めている。
まずい! 詫びるように手を上げながらバス停から飛びのいて離れた。それを見たバスは減速をやめ、加速していった。

いや、べつにバスを停めて、運ちゃんに聞いたっていいんだけど、とっさ過ぎてそこまで頭が回らなかった。
仕方がないのでスマホを取り出し、伊豆箱根バスのホームページを開いて『市役所前~多比』間の路線を探した。ホント便利な世の中になったもんである。

あれ!さっきのバスでよかったみたい。
04分出発のバスだった。次が24分。まあ、待ちが20分程度ならヘーキヘーキ。停留所のベンチに腰を下ろして午前7時過ぎの街の景色をながめた。目の前に市役所がある光景なんだけど人影がまばらだ。
まだみんな正月モードなのか。
バスがやってきて乗り込んでみても、バスの中はガラガラだ。世間はまだ休みなのか、駅から南下するこの路線がただ乗車率が低いだけなのか…。

けっこうな時間バスに揺られて降りたバス停は『多比』。
目の前に岸壁があってすぐその先が海だ。おっ、海抜0メートルから登山開始って気分いいなぁ。

で、登山口って…どこ?

うろうろ探し回る。バス停のあった国道414号線は歩道が狭いうえに車がビュンビュン往来していてめちゃくちゃ怖い。横丁に延びる道を覗いたり今来た道を戻ったり、うろちょろしていて完全に不審者である。新年早々通報されたくないので探索もそこそこに適当に山道に入ってしまった。
e0284726_16261464.jpg

広い道だし、この先に広い農道が見えるから、たぶんあってるよ、きっと…ちょっと不安だけど。
e0284726_16262982.jpg

広い農道で歩きやすい。時々景色が開けて向かう山の山頂が見えたり、漁村や海が見えたりしてテンションが上がる。

途中、農道から見下ろせる斜面に不法に投棄された大量のごみや家電類があった。
e0284726_16264551.jpg

しかも1か所だけではなく、あちこちだった。
なんか見ていて悲しい気分になった。
大昔に代執行でこういうのを片付ける仕事をしたことが幾度となくあるのだが、片付けるのはホント大変である。急斜面をテレビ担いで登ったり、ロープで結んだ冷蔵庫を途中の木を避けながら引っ張り上げたり。
坂の上から捨てるのは一瞬、片付けるのは膨大な時間。あまりの苦労に目の前に加害者がいたら感情的になりそうだ。手が出るかも。
そんな大昔の感情を思い出してしまう、悲しい景色だった。

そんなことを考えながら歩いていたら、農道の下の斜面の藪がガサガサ鳴ったと思ったとたん、藪の中から猪が飛び出し、農道を横切って上の斜面を駆け上がって行く。
おー!猪だ!
なんて思う間もなく藪から次々と猪が飛び出し、農道を横切っていく。時折、ボフォ!と低周波な声を出す。あまりにも不気味な低周波で恐怖を覚えた。
ちょっと離れてるから正確にはわからないけどオレの腰くらいの高さの体高だろう。黒い。なんか重量感がある。
e0284726_16272975.jpg

群れなのか、何頭も何頭も飛び出してくる。8頭くらいなのか10頭くらいなのか。ただただ呆然と眺めるだけで、ハッと我に返り、カメラに手をかけた時には最後の一頭が通過した後だった。
あたりに静寂が戻る。心臓がドキドキ速い鼓動をしているのがわかった。怖い。

だれかと一緒だったなら無言で半笑いな顔を見合わすんだけど、見合わす相手がいないので固まったままだ。

一頭でもたぶん太刀打ちできないのにあの数に囲まれたらたぶん死ぬんじゃないかなぁ…噛まれるというより食われちゃいそう。

3分くらいその場で考えた。猪の群れは今から向かう山頂の方へ登ったので再び遭遇する可能性は高い。恥ずかしながらこの山をナメていたせいもあって登山届を出していない。

帰ろうかな…

本気でそう思った。何かあってからでは遅い。”イノシシ野郎が本物の猪に襲われて葬式を出している”だなんて三代先までの恥である。でもなぁ…。
恐る恐る前へ歩き出す。耳を澄ませて最大限の警戒態勢をとった。小鳥が藪の中を歩くカサカサという音にもビビっていた。
突然猪とエンカウントしたらどうしよう…。ストックで応戦するか…でも一頭ならまだしもあの数でストック一本だなんて無理ゲー過ぎる。
声で威嚇しよう。でも突然出てきたら変な声出そう。キョェェエエエエ!
e0284726_16281953.jpg

そのうち農道がどんどん狭くなって最終的には肩幅程度になり、ますます猪有利な状況になっていく。
『あの木は登れるな』
移動するたび、登って避難できそうな木をいちいち確認しながら歩く。

道が不明瞭になり、傾斜もついてきた。
e0284726_16283564.jpg

なんかこの道違うような気もするんだけど、誰かが歩いたような跡もあるから たぶん登山道なんだろう。
不安になりながらも、尾根まで出ればしっかりした道があるだろうと期待して、不安ながらも登っていく。その時、とある木をつかんだ瞬間、
あ゛い゛っ てぇ !
手のひらに思いっきり激痛が走った。つかんだ木を見てみると
e0284726_16285118.jpg

なんだこれー!
完全に罠じゃん!もー!

手袋を外して手のひらをのぞき込んでケガをしてないのを確認した後、手をブンブン振った。

もう完全にオレ拒まれてるよ…この山に…。




.
by moriyart | 2017-01-07 16:29 | 沼津アルプス