どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

カテゴリ:妙義山( 5 )

その5(妙義山)

記 録

活動時間:7時間51分
活動距離:9.60km
高低差:682m
累積標高上り/下り
1,264m / 1,277m
カロリー:3332kcal
e0284726_11452455.jpg


感 想

慣れてしまったのか、戸隠山の時ほど”恐ろしい”とは思わなかった。鎖場の数は遥かにこちらの方が多く、ひとつの鎖場の長さも段違いに長い。高さ30メートルくらいの場所もあり、いちばん上から落ちればほぼ即死してしまうだろう。妙義山を調べれば調べるほど転落事故の記録が多く、事故が起こればかなりの確率で死亡している。
あまりの遭難の多さのために自治体などの行政は入山禁止にしたかったが、登山を続けたい山岳会との折り合いがつかずに鎖の増設や鎖場の整備でヨシとしてしまっているらしい。
実際オレが登った前の日にもこの山のどこかで70代の女性が亡くなっている。ってか女性で70代でこの山を登ろうってスゲェな。
思い返してみれば、登山道ですれ違う人の中には50代以上の女性がかなりいた。世の中にはこんなにも命知らずなオバちゃ…ゲフンゲフン、お姉さまがいるのかとも驚いた。

気象や季節の条件で変わるので、山自体に難易度とかってなかなか付けられないと思うが、あえて言うなら夏のジャンダルムピストンより怖かったし危険だと思った。でもまあ、西―奥縦走の方がもっと危なそうだけどね。

もうここまでやれば前準備はいいのかな。それでもまだ”岩場の経験不足”と言われてしまうのだろうか。
来年以降にいよいよ『大キレット』または『西~奥縦走』を視野にいれてみようかと思う。
”オレには絶対無理だ”と言い聞かせて諦めてきた『西~奥縦走』に、結局は行こうとしてるのか。エキスパート限定の場所にオレではおこがましいと思いながらも、やっぱり行ってみたい!チャレンジしてみたい!と強く思う様になってきてしまったんだね…。
来シーズンまで気持ちの冷却期間を置きながらじっくり考えます。
まあとりあえずは大キレットかな。


妙義山。
危なくてあまり近寄らない方がよさそうな山だが、今回その山の麓に住む人達からとてもあたたかい言葉や待遇を受けて、ここ妙義一帯、人も含めて大好きになった。 またいつかもう一度来て山と人々にふれあいたいなぁ。
e0284726_1147917.jpg

妙義山 
おしまい








.
[PR]
by moriyart | 2017-11-11 11:50 | 妙義山

その4(妙義山)

しばらく下ると石のアーチが見えた。
e0284726_11281210.jpg


あれ?なんかおかしいぞ。
e0284726_11283636.jpg

立ち止まり、地図を開いて確かめる。スマホも取り出してヤマップで歩いてきた軌跡を確認。
あー…道を間違えて途中から降りてきちゃった…。
今さらあの急坂を延々と登り返すのもイヤだから、今回はここが下山口という事にしますか。一応 表妙義最高峰は登ったし、大ボスの鷹戻しも制覇したしね。
e0284726_11284764.jpg

石門をくぐった先は東屋がある休憩所だった。
たくさんの観光客がいた。特に外人さんが多かった。と、いう事は、ここはほぼ下界なのか。

東屋の席があいていたのでラーメンを作って食べた。
e0284726_1129523.jpg

そのうち外人たちが集まり始め、大きな東屋に大勢休んでいるが、日本人はオレを含めごくわずかになってしまった。
サラウンドで飛び交う暗号言語。
そういや外人さんって日本人の麺をすするズズズという音がとにかくイヤだというのを聞いたことがあったので、できるだけ音を立てずに静かにすすった。

何でここは日本なのに気を使わなきゃならんのじゃー!

アホらしいと思いながらも、やっぱり静かに麺をすすった。(小心者)

外人さんもランチを食べ始めたが、あっちのかた達は弁当じみたものをあまり食べず、りんご丸ごと一個とか『じゃがりこ』などを食べている。食に関しては無頓着なのか。会話の内容はわからないが、”楽しそう”ってのはすごく伝わってくる。

食後に飲み物を飲んだ。いつもはコーヒーなんだけど、今回初めて緑茶のティーバッグでお茶を飲んでみた。

和んだ。
山の緑茶もたまにはいいね(お茶処の田舎者)。


外人さんが続々と来て座れずに立ってる人も出てきた。
オレもゆっくりしたいが、暗号で『このハゲどけよ』とか言ってたらイヤなので(日本人だなぁ…オレ)いそいそと片付けて立ち上がった。


石門の脇に来て見上げると『大砲岩』の上に人がいる。
e0284726_1130978.jpg

e0284726_11301979.jpg

そこからの景色も奇岩を多く見ることができる。さすが日本三大奇景。
e0284726_1130283.jpg

e0284726_11304172.jpg

なごり惜しいが、12時20分、石門広場を離れた。
e0284726_11305016.jpg


もうすぐ県道というところに『第一石門』があった。でっけぇ。
e0284726_11305851.jpg


県道に出た。
e0284726_113189.jpg

あとは県道沿いを歩いて戻っていく。時間にして1時間くらい。
e0284726_11311611.jpg


妙義神社まで帰ってくると13時を超えているので参道は多くの人が訪れていた。
みやげ物屋もあったが、オレが買うのはこの店ではない。
鳥居の外に出て、鳥居の向かいのみやげ物屋の『かどや』に入った。

朝、地図をくれたり情報を教えてくれた恩として、ここで『妙義山の山バッジ』を買って義理を果たそうと心に決めてきたのである。
e0284726_1131351.jpg

山バッジを買ったときにもあたたかい対応をしていただき、やっぱりうれしかった。
そのときに、おかあさんがオレのザックの横についているラーメンの空きカップや行動食の包装が入っているゴミ袋に気が付いて、『そのごみをもらいますよ』と言ってくれた。一応はお断りしたものの結局ごみの処分をお願いしてしまった。

恩を義理で返したつもりが、さらに恩の上書きをくらってしまった。ありがたいやら申し訳ないやらで謝りっぱなしだった。
e0284726_11314987.jpg

すぐそこのテントで抽選会をやっているとの事で抽選券をもらった。
e0284726_11315787.jpg

三角くじを開くと『4等』と書いてあった。
パンジーかネギかどちらかがもらえるとの事で、ネギにした。
e0284726_1132498.jpg

近隣が下仁田町なので、つい『下仁田ネギですか?』と聞いたら違うとの事。あらら、そいつは失礼致しやした。
もらったネギを鼓笛隊の先頭の人が持っているメジャーバトンみたいにして歩いて道の駅まで戻って来た。

祭事用テントが張ってあって、もみじ汁が無料で配られている。
e0284726_11325331.jpg

テントに近づくと中にいたオイちゃんがオレに気が付いて『無料だよ』と声をかけてくれた。『クイズ100人に聞きました』の関口宏みたいにで机に寄りかかっている。
卓上に置いてあった一味をかけて飲んでみる。脇にネギを抱えたアホみたいな姿で。程よく冷めていて飲みやすかった。単純に言えば味噌汁なんだけど、ホッとする味だった。オレがもらったネギと同じものが刻んで入っていて、シャキシャキした歯ごたえと薬味チックな味がいい感じ。
e0284726_1133152.jpg

もうちょっとあちこち覗きたかったけど、14時前に道の駅を出発した。
e0284726_11331091.jpg




帰り道、国道を走っていると見えてきたのは妙義山と兄弟の『荒船山』。
e0284726_11332050.jpg

山の北側は超絶壁で高さが200メートルくらいあるらしい。
e0284726_11332748.jpg

この山は『クレヨンしんちゃん』の作者の臼井儀人さんが遭難死したことで有名になった山だ。

120メートルの崖を転落し、顔は判別できないほど損傷したので最終的には歯形で本人と判明したのだそうだ。直接の死因が肺挫滅。判別できないほどの顔の損傷が致命傷ではないのか…。人間の死因ってわかんないや。
オレも近い将来、きっとこの山を登るでしょう。臼井さんと同じ山好きとして他人事ではないので気を付けます。
息子くんは相変わらず貴方が生み出したクレヨンしんちゃんでバカ笑いしていますよ。


ご冥福をお祈りいたします。






.
[PR]
by moriyart | 2017-11-11 11:44 | 妙義山

その3(妙義山)

相馬岳を超えたあたりから、警告看板と、大ボス『鷹戻し』への道標がよく出てくるようになった。
e0284726_11144046.jpg

e0284726_1114524.jpg

相馬岳から一度大きく下っていく。
落葉樹の落ち葉が大量に積もった登山道を下っていると、落ち葉の下にある石を知らぬ間に蹴り落してしまうことがあった。

カカッカッカッ…カッ…………カッ……

石が岩に当たりながら落ちる音なんだけど、無音になる時は空中を落下している状態だろう。

ゆるい傾斜の落石は、転がったり地面に何度も衝突してだんだん減速していく。
e0284726_11165025.jpg

急斜面は、一度跳ね上がってしまうと次に地面に着くまでに重力加速度で もんのすごい速度になってしまう。まるで弾丸。
e0284726_11165826.jpg

おまけにこの山の石は、わりと球の形をしていて転がりだすとなかなか止まってくれない。
オレが落とした石は、登山道の横の沢を何度も飛び上がりながらずーっと落ちていった。見えなくなっても音だけはいつまでも聞こえてくる。500円玉くらいの小さいヤツだけど、あんなの当たればドクターヘリもんだ。

人がいなくてよかった…。



登り返しの先は、ほぼ稜線上の細い道になり、険しさが増す。
e0284726_1118482.jpg


長い梯子。
e0284726_11181455.jpg

二つくっつけてあった。わりときれいな梯子なので最近新設されたのかな。でも途中の段がところどころ凹んでるのは落石でも食らったのだろうか。
梯子って垂直なので、高い所まで登るとけっこう恐怖だ。(下見てはダメ下見てはダメ)


いよいよ大ボス『鷹戻し』の鎖場に来た。
e0284726_1118308.jpg

前の人の登るのをながめていた。
この兄ちゃん、ヘルメット持ってるのに被らないのはなんでだろう…。
e0284726_11184924.jpg

ハーネスやカラビナで完全装備なのになー。


いざ自分の番。

事前から『危険!この場所での~…』みたいに何枚も警告看板が設置してあったり、鷹戻しでの死亡事故の記事を読んだり、他の人の山行記録を読んだりしてけっこうビビらされていた。
…が、今はここを登る楽しみみたいなのの方が勝ってしまっている。腕試し気分みたいなものだろう。

鎖を握って一歩踏み出す前に集中。昨日の夜の出発前の息子くんの号泣を思い出して(安全に、安全に、死なない様に)と念じて慎重に登った。
e0284726_11194985.jpg

最初は必死で登ってたんだけど、途中でハッと気が付いたら急に怖くなった時があった。垂直に立てたカマボコ(斜面左右が湾曲している)からオレの体のみが空中に出っ張っているというか投げ出されている様な感覚になり、少しゾクッときた。それでも恐怖の中にも楽しさを感じた。

登っている時に足元を見れば、岩壁に金属で引っ掻いたような跡が無数にある。こんな場所でトレッキングポールなんて使えないし、凍ってもいないからアイゼンじゃないし…何の傷跡だろう…。

あー!コレたぶんスパイク地下足袋だわ、きっと。

足裏の感覚を頼る岩場には地下足袋はうってつけかもしれない。足首も自由に曲がるしね。なーるほど。
鎖を握ったままとんでもない場所でヘンにナットクして感心してしまった。

数分かけて登り切った。
登ってしまえば(こんなもんか…)だったけど、やっぱり怖いもんは怖い。
e0284726_11202038.jpg


鷹戻しを超えた後の下山路も鎖鎖鎖。
e0284726_11201193.jpg

e0284726_11203215.jpg

数十メートルをほぼ懸垂下降で下ったりでずーっと命がけだった。





鎖場地帯を下りると里山の様な落ち葉の積もった急斜面を下りていく。オレの前にはカップルが下りている。
下から男性が登ってきた。カップルもオレも脇にそれて道を譲った。
オレの横を通り過ぎて登って行った男性が落石を起こした。
急斜面で跳ね上がった石が落下と共に加速していき、カップルのおねえちゃんの顔のわりと近い所をヒュッと通り過ぎて行った。
あっぶねぇ!
一瞬過ぎて声が出なかった。『ラク!』なんて言ってらんないくらい。
ってかおねえちゃん気が付いてない。風切り音くらい聞こえそうだけど。
後ろを振り返って落石を起こした登っていく男性を見たが、この人も自分が落石を起こしたとは気が付いてなかった。

もし、おねえちゃんにヒットしてたらシャレにならない怪我をしていただろう。しかも位置関係からしてオレが落石を起こしたと勘違いされそうだ。上の男性が原因なのを”もし”オレが見て無かったら、腑に落ちないながらも責任を認めてしまうかもしれない。
ホントに何もなくて良かったよ。オレ以外は今も何が起こったのか知らないままだなんてズルイなぁ。

気が抜けないなぁ…毛が抜けそう…。





.
[PR]
by moriyart | 2017-11-11 11:27 | 妙義山

その2(妙義山)

鎖場を登り切るといい景色。
e0284726_10483711.jpg

妙義山以外の近くの山もわりとギザギザしている。

高度が紅葉前線とマッチングしたのか、ここら辺の木々が紅葉している。きれいだ。
e0284726_10513820.jpg

『裏妙義』の向こう側に見えるは今も活動を続ける『浅間山』。
e0284726_10514944.jpg

いつか登りたいけど、噴火警戒レベルが2なので行けるのか?

岩と木々の関係がおもしろい。
e0284726_10515981.jpg

さすが『日本三大奇景』のひとつだ。他は大分県の『耶馬渓』と香川県の『寒霞渓』だそうだ。

だいぶ高くなった。
e0284726_10521397.jpg

よく見る山から見下ろす街並みってずいぶん遠くに見えたりするけどここはかなり近く見える。山って裾野がずっと広がっているので裾野が終わった先から街があるので山頂からは遠いのが一般的だ。この山は標高が低いってのもあるんだけど、どこも絶壁な山なので、裾野が狭く、山頂から見える街はとても近く見える。
高いビルから見下ろしたみたいな感じだ。

途中、岩と岩の間のとても狭い所を進む。
e0284726_1052388.jpg

引っかかりそう。『デブでは無理だ、デブでは無理だ…』つぶやきながら進む。

ビビリ岩に到着。
e0284726_105247100.jpg

長い鎖場だ。靴の岩へのフリクションも効くので軽快に登る。
e0284726_10525640.jpg

けっこうな高さだった。
e0284726_1053349.jpg

眼下に『道の駅みょうぎ』が見える。オレの車も見えた。
e0284726_10531358.jpg

これでもか、これでもかと押し寄せる鎖鎖鎖。
e0284726_10532316.jpg

e0284726_10533042.jpg

e0284726_10533928.jpg

絶壁だわ数十メートルの長さだわで、もう一部の変態鎖マニアにはたまりません。そろそろオレも疲れてきた。”疲労”って言葉がしっくりくる。腕の疲れもそうだが、鎖を握り続ける手のひらが痛くなってきた。

一度大きく下り、登り返すと、さっきオレが景色をながめていた場所に後続のパーティがいた。
e0284726_10535748.jpg

e0284726_1054552.jpg

向こうもオレに気が付いて指をさしている人がいる。
手でも振ろうかと思ったけど、スルーされると悲しいのでガマンした。
ちなみに自分が立っている場所は100メートルくらいの完全垂直絶壁。
e0284726_1054235.jpg

超こえぇ。

そしてしばらく進むと…
e0284726_10544682.jpg

8時50分、表妙義最高峰『相馬岳(1,103.8m)』に登頂。
e0284726_10551058.jpg

山頂はそんなに広くない。森林限界超えてないので木が生えている。
男女混合のパーティが休んでいた。
e0284726_10554146.jpg

リーダーと思われるかたに写真を撮ってもらった。
e0284726_10555162.jpg






.
[PR]
by moriyart | 2017-11-11 10:48 | 妙義山

妙義山

人間とは一つの刺激に慣れてしまうと次なる刺激を探していき、どんどんエスカレートしていったりもすることがある。

以前、『戸隠山』に登って鎖場とナイフリッジからなるその山に、『もう怖いからこういう山は登らない』と誓ったのだが、”喉元過ぎれば熱さ忘れる”なのか、似たような山を探したりもした。
そして見つけたのが この『妙義山』なのであった。
この山を登るのを10月に照準を合わせていたが、度重なる台風で延期になっていく。各山域での初雪の便りを聞くたびに、もう今年は登れないかもしれないと焦ったりもした。

スケジュールの調整をかけてなんとか11月の連休初日に行けそうになり準備をする。
そんな中、実家の親から電話があって、出てみると、

『山に行くのか!行くなよ、行くなよ、やめろよ!

いつもに増して強めの『行くなよコール』をいただきました。いきなりなんだよ急に…今回ばかりそんなに言われるとちょっと心配になってきたわ。
山へ出発の見送りの時も、いつもより激しく息子くんが泣いた。もうわんわんと…。

みんなどうしたんだよー、なんかコワイじゃんよー

でもまあ、その泣き顔を目に焼き付けて、安全運転、安全山行で行ってきますわ。

向かう先は群馬県。長野県から抜けていくからそんなにはかからないけど、遠いっちゃ遠い。眠たいわけじゃないけど、ぼーっとしながら運転していれば、LINE電話で珍しい人から着信。友達のかーしゅなだった。
オレが山に向かう途中にナゼかいつも かーしゅながLINEで騒ぎだす。オレからなんか変な電波が出てるのだろうか。
話を聞いてると今、500mlのビールを6缶飲んで上機嫌だ。ってか3リットルも呑んだのかよ…。もうオマエがビールの容器そのものじゃんか…。

それから一時間、通話しながら運転して群馬まで向かう。もちろんハンズフリーですよ、ハイ。
『ところでなんで群馬へ向かってん…え?山なんて登ってんの?知らんかったわ』
はい、公言してないから知らないとは思うけど、もう5年経ちますんですのですです…。
退屈な移動時間もバカ話で眠くならずに済んで、ある意味ありがたかった。


深夜に『道の駅みょうぎ』に到着。
きっと寒くなるハズなので、厚着をしてから座席に丸くなって寝た。


5時のアラームで目覚め、支度をして6時前に車を出た。
e0284726_10325439.jpg

目の前には『白雲山』。妙義山の山々の一つだ。
実は妙義山とは、富岡市、安中市、下仁田市の3市にまたがる白雲山、金洞山、金鶏山などを合わせた総称のことであり、厳密に言うと『妙義山』と名指しされる山は存在しない。
とりあえず今からはこの白雲山を目指して登る。

妙義神社の鳥居の前に来た。
e0284726_10333699.jpg

鳥居の前で出発前の最終準備のザックのベルトを締めたりしていたら、すぐ横の土産屋の電気が灯り、カーテンがシャッと開く。
おかあさんが顔をのぞかせて、オレの顔を見て何かを言った後、店の奥に入っていった。少しすると手に紙を持って出てきた。
e0284726_1033472.jpg

妙義山全体のパンフレット兼地図だった。
通行止め区間を教えてくれたり、登山道の状態を教えてくれた。とても丁寧で優しい話し方をするおかあさんだった。客でもない通りすがりの不審人物モドキに あたたかい声をかけてくれるなんてうれしかった。礼を言って地図をもらった。

鳥居の向こうに見える参道。
e0284726_10335738.jpg

上り坂で商店が連なっている。今は早朝なのでどこもやっていないが、帰ってくる頃にはにぎやかになっていそうだ。

神社の中を進む。
e0284726_1034921.jpg

わりと大きくて広い。神社だけを散策するのでも、充分に観光になりそうだ。
e0284726_10342157.jpg

昔ながらの階段をそのままにしているそうで、ゆがみや傾斜もあえてそのままにしているのだとか。

神社横の登山口に来た。
e0284726_10342843.jpg

気を付けていきます。

しばらくは里山の様な土の山。
e0284726_10343531.jpg

土の感触がやわらかい。

木々の間から太陽が顔を出した。
e0284726_10344476.jpg

寒いかと思って上着を着てきたが、暑くなってきたので脱いでしばらく歩いていたけど、それでもまだ暑いので長袖のシャツから半袖にチェンジした。季節柄半袖なんていらないと思ったけど、わざわざ持ってきてよかったよ。

いちばん最初の鎖場出現。
e0284726_10345870.jpg

傾斜は緩いが、結構長い。わりと滑るので鎖に頼って登っていく。

しばらく登ると尾根っぽい所に出た。
e0284726_1035989.jpg

左右に分かれていて、左へ行くと『大の字』らしい。

なにやら岩と鎖が見えてきた。
e0284726_10352040.jpg

なかなかの高さだ。
e0284726_10352963.jpg

でっぱりが少なくて手足をかけるところが乏しいのでやっぱり鎖に頼る。

大岩を登りきると、岩の上に『大の字』があった。
e0284726_10353794.jpg

山のふもとから見た大の字は小さくみえるが、実際はかなり大きかった。

岩の上から真正面に見える街は、富岡市?下仁田町?どっちだろう。
e0284726_1035485.jpg

富岡製糸場見えるかな、下仁田ネギ食べたいな。

後続のパーティが登ってきて狭い岩の上がにぎやかになった。
e0284726_10355615.jpg

e0284726_1036342.jpg

もうひとパーティがこっちに向かってくるのが見えたので岩を下り、先へ進んだ。

7時、『奥の院』に到着。
e0284726_10361569.jpg

この洞窟の奥に石仏が祭られてあって、修行者がここで山籠もりしたとか。中に少しだけ入って覗いてみた。薄暗くて苔むしていた。噂によるとここはパワースポットらしい。

その奥の院の真横には30メートルほどの垂直な鎖場がある。
e0284726_10363444.jpg

オレが奥の院の洞窟に入っているうちに後続のカップルが登り始めていたので、登る様子を見上げてながめていた。
e0284726_10364428.jpg

ハーネス付けてる。
ハーネス必須の山なのかと一瞬焦ったが、事前調査では付けてない人も多かったのでたぶん大丈夫でしょう。…たぶん。

ほぼ垂直な30メートルの壁を登ると途中から水平に移動する。絶壁の途中で真横に移動って…なんか想像を絶してて凄い。
2013年にはここで43歳の男性が転落して亡くなっている。こりゃ確かに死ぬわ。
e0284726_1049344.jpg

絶壁の鎖場を登る時、つい壁に対して体を垂直ぎみに登りたくなる。
e0284726_10372372.jpg

こうすると腕の力で体を引っ張り上げることになるので、長い鎖場でかなりの数がある妙義山では腕が疲れきってしまうだろう。さらに最後に鎖場の大ボス『鷹戻し』があるので、大ボスの時に疲れ切ってしまった状態では力尽きて倒されてしまうのは必至だ。

誰かの山行記事で読んだ『できるかぎり足で登る』のを実践してみた。
e0284726_10373999.jpg

体重を足で支える。こうすると確かに腕は楽なんだけど、壁面に足を掛ける場所が無い場合、足首をおもいっきり曲げることになる。足首をガッチリ固定されたトレッキングシューズでは思うような足運びができず、なおかつ靴の中で踵や足の甲が当たってすごく痛い。でもしかたないのでガンバル。

ここは地下足袋が最適なのかもしれないね。






.
[PR]
by moriyart | 2017-11-11 10:37 | 妙義山