人気ブログランキング |

どこかに行きたい

moriyart.exblog.jp

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

高草山 その4

車まで戻り、もうひとイベント。焼津駅のすぐ近くにある公園に過去に動いていたであろうSLがあるのでそれを息子に見せるために移動。公園に着くなり案の定SLに駆け寄り、乗りこむ。楽しそうだ。
e0284726_475961.jpg

e0284726_4944.jpg

e0284726_49195.jpg

実はオトーさんもSLのこの部分が大好きだ。
e0284726_482816.jpg

メインロッドとカップリングロッドの複雑な動きで動輪を回すこの部分を見るとゾクゾクしちゃうんです。嗚呼、機械大好き工業系。

でも機械科じゃないけどね…。

そして最後、歩いた足の疲れを取るため、焼津駅にある足湯に向かう。ああ、気持ちいい。気がつけば近くの兄ちゃん、足湯に入りながらチューハイ飲んでる。私も仲間に入れてください。息子はずっとこのカジキのモニュメントに湯を塗りたくっていた。
e0284726_494016.jpg

バカ小僧が!オトーさんの罵声が駅に響く。

e0284726_49566.jpg

家に戻って高草山を見上げる。『今度は独りで麓から一気に駆け上がってみよう』などと家族を切り捨てたとんでもない誓いを胸にしながら部屋の床に倒れこんだ。


おしまい
by moriyart | 2012-10-25 04:09 | 焼津アルプス

その3

そうこうしているうちに山頂へ到着
e0284726_23574938.jpg

いつも麓から見ている鉄塔を見上げる。35年前くらいには親父によくここへ連れてきてもらったっけ。でもその頃は車でここまで登ってこれたしなあ。今は無理なんだけどね。
神社がある。昔からあったっけ?いやあったんだろうなあ。せっかくなので3人でお参りをした。手を合わせたんだけど、なんかなんにも頭に浮かんでこなかったのでただ黙祷しただけみたいになった。
11時過ぎなんだけど息子がおなかが空いたとうるさいのでちょっと早いけどお昼ごはんにする。えーっと、ストーブ持ってきたんだけど…こういうところってよく火気厳禁とかなってる事があるからなあ。とまわりに注意書きの看板を探すも特になし。
e0284726_23583917.jpg

気がついてみればさっきの山男がストーブ焚いてる。おっ!使っていいみたいじゃん。
さっそくテーブルの上に弁当を広げた。山頂にはテーブルとベンチがあちこちにかなりたくさんあり、みんな休んだり宴会したり結構な人数がいる。近くのベンチに若い山ガール2名が座った。デジカメのセルフタイマーが作動しているビープ音が聞こえてきたのでシャッターが下りる寸前に二人並んだ山ガールの後ろへ突然立ち上がり、ダブルピース!あとで写真を確認したら見知らぬ男がダブルピースして写っててびっくりしてる山ガールを想像してウッキウキ。カミさんは呆れていた。
e0284726_23592016.jpg

e0284726_23593583.jpg

弁当はカミさんの手作り。オレはそれにスープとマグカップラーメンを付けた。
息子の箸があまり進まない。鮭おむすびじゃかったのがガッカリだったらしい。カミさんがしきりに謝るが結局残した。最後まで『鮭おむすびが鮭おむすびが鮭おむすびが』
やかましい!
焚いた湯でインスタントなんだけどコーヒーを飲んだ。コーヒーをあんまり飲まないカミさんがこういうところで飲むコーヒーはうまいとしきりに言っていた。屋外パワーだね。
e0284726_002839.jpg

荷物をたたんで出発。山頂から稜線沿いにある鉄塔を4基全部見ていこうと思う。
稜線と言っても山岳みたいに両側の景色が開けているってぇわけでもなく、うっそうとした森の中を歩いていく。
e0284726_01647.jpg

e0284726_012933.jpg

『姫を守るからオレに着いてきて』
e0284726_015812.jpg

母親を姫に、自分をナイトにみたてて“護るごっこ“しながら手をつないで歩いていく。ただ暗い森が怖いんじゃないのぉ?息子くんよ。  それにその女の人、姫ってさぁ…歳なのかねぇ…本物の姫に失礼じゃ…あ、いや、なんでもないですわ、ハイ。
e0284726_022675.jpg

稜線を抜けると農道に出た。農道の最高地だ。遥か遠く牧の原台地まで見える。
e0284726_03024.jpg

e0284726_032339.jpg

農道を下っていくと先ほどの鉄塔4基が見えた。もうこんなに下ったのか。下りはやっぱり早いな。
と、カミさんが息子のリュックにくくりつけてあった実の入った袋が無くなっているのに気がついた。どのあたりで落としたのか見当もつかない。もう諦めよう、となだめても半ベソで『戻って探しに行こう!』の一点張り。冗談じゃない!!何キロ戻るのかも知れないし戻ったところで発見できるかも定かじゃない。戻る戻らないの押し問答の末にオトーさんの有無をも言わせぬパワハラで息子をねじ伏せた。しばらく不機嫌になるが、知らん知らん。
しかしやっぱり子供。しばらく歩いていればいつの間にか機嫌が直っていて一安心。オレも安心してもう一度周りの景色を楽しんだ。
e0284726_034335.jpg

もう少しで我が家の車。なんだかんだで楽しめました。
by moriyart | 2012-10-24 00:04 | 焼津アルプス

高草山その2

e0284726_2345252.jpg

歩いて行けば当たり前だが だんだん標高が上がってくる。平面に寝ていた景色に奥行きが深くついてきた。水平線と地平線。晴れているけど少し霞がかかっている。真冬の空気が澄んでいる時ならきっと遠くまでみえるんだろうなあ。
あれが東名で150号があそこで…うちはあの辺りかな…おーあったあった。カミさんは『???』となっていて結局うちを見つけることができなかった。
その間も息子は のらりくらりとやる気があるんだか無いんだか…。
e0284726_23471953.jpg

e0284726_23475736.jpg

棒を見つけて振り回す。男の子お決まりの行為だね。おかげで少しやる気が出てきたみたいでちょっとだけ安堵。オレも気持ちに余裕が出てきて山肌を見てみれば秋を感じさせる実や花が。
e0284726_2347324.jpg

e0284726_23485032.jpg

林の向こうに山頂の鉄塔が見えてきた。おっ結構手前に見えるから近いかな。ほんなら農道を歩くのをやめて山道に行ってみよう。大人の肩幅程度の山道に変更。息子もやる気が出てきたみたいだ…と、思いたい。
e0284726_23491215.jpg

e0284726_23493547.jpg

前からオバサン二人組が下りてきた。挨拶をして少し話をしたのだが、オレの首から下がっている一眼を見て『家族三人で撮ってあげるよ』と。 一眼相手に勇気あるなあ…と感心したのだが、あらま残念、シャッターボタンがどこかわからない。はいチーズを三回やってやっと撮ってもらえました。
e0284726_23495893.jpg

e0284726_23501632.jpg

見晴らしのいいところにベンチがあったので休憩。ここから眼下に見えるのは焼津港。ということは、花火大会をここから見たら夜景&花火の最高のショーを見れそうだ。などと軽く思ってしまいそうだが実際はきっと猛烈な蚊の応酬とバカ騒ぎする若者なんかがいてきっとロクに見れないんだろうなと勝手に想像し、目が細くなった。
e0284726_23504151.jpg

ここら一帯は荒れた茶畑。昔はきっと山全体が茶畑でパンチパーマ的な山だったに違いない。
e0284726_2351536.jpg

山道沿いに実が落ちていた。コレって何の実だろう。息子が持って帰りたいと言うのでビニール袋に入れて息子のリュックに縛った。カミさんはリュックに仕舞えと言ったのだが、どうせまだ拾うだろうからとリュックにくくりつけた。これが後にメンドーな事になるなんて…。
e0284726_2351235.jpg

ここに登ってくる人はだいたいみんな軽装なんだけど時々本格的な格好をしている人もチラホラ。そんな人達はこの山の事をよく知っていて『この先に富士山がみれるところがありますよ』なんて教えてくれたりして有益な情報をもらえる。
e0284726_23514581.jpg

by moriyart | 2012-10-23 23:51 | 焼津アルプス

高草山

朝五時半にアラームが鳴り、いつものおつとめに出かける。
e0284726_23371111.jpg

自宅から本日の目的地が真正面によく見える。そう、今日はこの山に家族三人で登るのだ。ずいぶん前から息子が『お父さんとお母さんと三人でおべんと持って山へハイキングに行きたい』と口にしていた。はじめのうちは、どうせ今だけだろうなんてスルーしていたのだが、時々思い出したかの様に言うのでしょうがない、忙しくなってしまう11月の前にちょっくら行ってみますかね。場所はこの市に住んでいるならこの街の一番高いところ…志太地区一帯から見上げることができる『高草山』へ行こうと決めた。標高501メートル。オレ的には麓から登るのは造作もないことだが、集中力忍耐力の全くの皆無なわが息子がそんなに登れるワケがないだろうと高草山の おおよそ五合目あたりにある公園に車を停めてそこから山頂をめざそう…そう決めた。
ジョギングして港まで行き朝日を浴びながら無事故を祈願した。
e0284726_23373182.jpg

10時。
高草山五合目に到着。昨日まで涼しかったが、今日はなんだか暑め。蚊避けで長袖シャツを皆に持たせたのだが、暑くてとてもとても…。半袖のままいざ、クライムオン。
クライムって程の山じゃないんだけどね…。
e0284726_23392974.jpg

e0284726_23395974.jpg

e0284726_23403416.jpg

道のりはとても広い農道。前に作業車で通ったことがあるからなんとなく道がわかる。昔ながらな農道でガードレールというよりガードパイプが張ってある。車の往来はそこそこあるのだが、まあそれなりに安全だ。
歩き始めて5分。息子が『疲れた』と言い放った。

はぁぁあああああああん!?

小僧フザけんなよ、忍耐力の無さ過ぎに父ちゃんホトホトあきれるわ。『疲れた、のど乾いた、疲れた、のど乾いた、疲れた』

うるさい!

あれ?このくだりどこかの山だか岳でもあったような無いような…ま、いいか。とりあえずお茶を与えて気分転換。ってか気分を転換させるほど歩いちゃいんっつうのに。はあ…。
e0284726_2341335.jpg

by moriyart | 2012-10-23 23:41 | 焼津アルプス

乗鞍岳

***********************************
by moriyart | 2012-10-23 23:34 | 乗鞍岳